芸能系・CM

2019R-1グランプリ審査員&結果が納得できない?ネットの声「好みが合わない」

R-1ぐらんぷり2019の審査員の判定が納得できない、といった声も上がっているのでネットの声を中心にまとめてみました。

 

R-1グランプリ2019審査員について

どうも、お笑い好きな三神かな子です。

お笑い番組を観たいがために事前にお誘いや予定をキャンセルしたりも……実際ありますよ。

 

そんな私がネットの声で「R-1グランプリの審査員に納得できない!」という声を見てしまい、ちょっと驚いたのでR-1グランプリ審査員のセンスや笑いの判定基準などをまとめてみました。

R-1グランプリ2019審査員

桂文枝

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

関根勤

浅井企画

渡辺正行

ホリプロコム

久本雅美

WAHAHA本舗

友近

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

陣内智則

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

R-1ぐらんぷり2019審査員への不満

吉本所属芸人の割合が多い


これはR-1に限らず、お笑いショーレース全般にみられることですが

「審査員の吉本所属芸人の割合が多くて公平な審査といえるのか?」

という懸念です。

今回も6人中3人が吉本所属。

過去にも、この吉本所属芸人の割合が多いためにこうしたショーレースは「吉本芸人を優勝させる出来レース」なんて勝手に揶揄されたこともありましたが……

 

お笑い芸人の所属割合等から考えたりとか、お笑い界の縮図といえばそれまでですが…。

しかしながら審査員も

「吉本びいき」

と言われるのもシャクだろうしお笑い芸人としてのプライドもあるでしょうから「ひいき」は基本しないのでは?と思います。

 

審査員そのもののポテンシャル・立場

一部、友近さん、陣内智則さんに対して

「優勝してないのに…」

といった声が上がっていました。

これはお笑い芸人としての芸歴・年齢・立場的なもので、M-1グランプリ審査員となった博多華丸大吉の大吉さんや、中川家の礼二さんと比較されたからと思います。

……かといって、R-1グランプリ優勝者で「審査員できるレベル・格付け」の人がいるのか?と言われると……悩ましいところです。

(個人的には、だったらバカリズムでも良いんじゃない?とか思っちゃいます)

 

あと司会者の雨上がり決死隊が審査員席の陣内さんだけ「陣内」と呼び捨てしているあたりも、ちょっと違和感あります(笑)かといって、審査員だからということでさん付けするのも違和感ですし……うむむ……。

観客・視聴者との笑いの温度差

素人・一般からみたお笑いと、現場のプロからみたお笑い、この感覚の違いが審査にも影響しているようです。

現場のプロからみると、技術面や斬新さ、未来性も見て、全てを評価しての投票と思われる面がありますが、視聴者としては「今眼の前で行われていることが面白いか?笑えるか?」だと思うんですよね……。

そこに「温度差」「好みのギャップ」というのが出てきているのかもしれません。

 

同点の場合の審査・決定方法


こちらは審査員への不満というよりは、R-1グランプリの公式ルールに対する不満なのですが。

Bグループで投票数同点が出た際の

「同点の場合、投票を得た審査員の人数が多い方が上位となる」

こんなルールあったっけ?前からそうだったっけ?という声が続出しました。

 

さらに!

これ……決勝でも起こりました!!

セルライトスパ 大須賀健剛…3名

霜降り明星・粗品…5名

 

……マジカ……。

 

これ見てて思ったのが、客席の笑いの量はセルライトスパ・大須賀健剛さんの方が多かったように見えたのですが……。

うーん……でも予選の時の方が勢いがあったので、そこを見られると……

 

超個人的には、今年はささやきネタか、かつらネタか、って思ったんですよ……

 

(どちらも吉本だからいいのか……とか、吉本的に推したい芸人なのかなとか…余計なこと考えてしまいますね……)

 

R-1ぐらんぷり2019審査員への理解の声

一方で、理解している声も多数あります。

審査員なんて誰もやりたくないだろ!

プロだからこそ、お笑いというジャンルだからこそ

「審査員なんて、やったところで得することなんて一個もないからやりたくないだろ!」

「あえて審査員という大役・重圧を受けた偉大なる芸人」

ともいえます。

友近の上沼恵美子のモノマネに称賛の声!

審査員席で上沼恵美子さんのモノマネをして爆笑を起こしていました。

司会の宮迫さんの「やめなさい」も笑いポイントでしたね。

M-1グランプリ2018での騒動もあっただけに、モノマネで笑いに昇華した友近さん、ナイスと思った方も多かったのではないでしょうか?

陣内智則のジャッジが一番視聴者との感覚が合う!?

Twitterなどのネットの声を見ていると

「陣内とジャッジが一緒!」

という声が複数見られました。

視聴者感覚として、陣内智則さんのジャッジが一番マッチングしていたようです。

このあたりの笑いのバランスが陣内さんの強みというか、人気を博してきたのかもしれませんね。

 

R-1ぐらんぷり2019の見どころ

R-1に挑みながらも惜しくも決勝までに散っていった芸人に敬意を表し… 今夜いよいよ決戦!ひとり芸日本一決定戦・R-1ぐらんぷり2019決勝  ・大ブレイクの人気芸人! チョコレートプラネット 松尾駿 ・最大の武器である手作り小道具は必見! クロスバー直撃 前野悠介 ・大物俳優…遠藤憲一が応援する謎の芸人! こがけん ・生まれたばかりの娘のために…イクメン芸人! セルライトスパ 大須賀健剛・東野幸治のお墨付きのネタ職人! おいでやす小田 ・史上初!M-1との2冠を狙う! 霜降り明星 粗品 ・4年連続で決勝進出の天才コント師! ルシファー吉岡 ・体に抱えたある秘密を武器に挑む! だーりんず 松本りんす ・朝ドラ女優の高い演技力に注目! 河邑ミク ・「R-1ぐらんぷり2013」王者が返り咲きを狙う! 三浦マイルド敗者復活ステージには霜降り明星 せいや、チョコレートプラネット 長田庄平とファイナリストの相方も…果たして残り2枠に勝ち上がるのは誰だ!?  注目の決勝戦を是非、お楽しみください!

敗者復活枠進出者

  • マツモトクラブ
  • 岡野陽一

R-1グランプリの感想…全体的に良かったよね!?

大会や芸人のネタレベルは高かった!

個人的には、いろんなジャンルの面白さが詰まった、クオリティの高い、たくさん笑える大会だったなあと思います。

ハマりそうなネタも数えたくなるくらいありましたし……

 

なぜか最後だけが納得できない……

ただ、なんでしょう……最後の最後で、なんか腑に落ちないんですよ…。

自分の好みの芸人さんが優勝しなかったから、という気持ちからなのかもしれませんが……。

「同数の場合には、審査員数が多い方」

というルールのせいなんですが……。

投票数が同数の場合「強く揺り動かすネタ」よりも「薄く広くウケるネタ」が評価された気になってしまうせいでしょうか……。

 

まとめ:視聴者との笑いの感覚

決勝戦の同点が衝撃的すぎて……ちょっとモヤモヤしました。

同点決戦でもう1ネタ、やって欲しいくらいでした。

もしくは、決選投票し直してほしかったかな……。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。