芸能系・CM

2億4千万の瞳(郷ひろみ)の歌詞の意味と解釈は?世界観エキゾチック・ジャパンについても

昭和の名曲「2億4千万の瞳」(郷ひろみ)の歌詞の意味と解釈、世界観について考察・まとめてみました。

 

昭和の名曲「2億4千万の瞳」郷ひろみについて

カラオケで世代関係なく盛り上がる名曲「2億4千万の瞳」の魅力

  • 発表当時の郷ひろみのアイドル性
  • 郷ひろみのマイクパフォーマンス&ジャケットパフォーマンス
  • とんねるずのみなさんのおかげでしたの名物コーナー「2億4千万のものまねメドレー選手権」
  • 歌詞ののりの良さ、歌いやすさ

 

国鉄のキャンペーンソングだった「2億4千万の瞳」

名曲「2億4千万の瞳」はCM曲でもありました。

当時の日本国有鉄道(国鉄、現在のJR)のキャンペーンソング「エキゾチック・ジャパン」キャンペーンソングでした。

曲名「2億4千万の瞳」は小説「二十四の瞳」から?

また上記のキャンペーンソングとして流行しただけでなく、小説であり映画化もされた「二十四の瞳」から、曲名も「2億4千万の瞳」となった……という説があります。

 

 

「2億4千万の瞳」歌詞の意味と解釈について

億千万

数の単位を並べて連呼するだけで、こんなにノリノリになれる、不思議なフレーズです。

お金を数えているような、バブリーな雰囲気を醸し出しているフレーズでもあります。

 

視線のレイザービーム

光のビームなので、ド直線だけでなく、高速・光速でもあります。

真っ直ぐにとてつもなく速く送る視線……強烈な感情の熱を上げた視線であることは間違いなく、お互いに「見つめ合う」状態。

見つめ合ってから「レイザービームが発動している」とも捉えられ、この後に続く歌詞

「夜空に描く色とりどりの恋模様」

から、

  • 複数の「見つめ合う」人たちがいたるところにいて、それぞれの恋模様が繰り広げられている
  • 「見つめ合う」2人がこの恋模様をどうしようかと色とりどりの「見つめ合う」視線を発している

という意味にも捉えられます。

個人的には前者の「複数の出逢い」の表現が一番近いと思っています。

 

この星の片隅

地球上の日本であると考えられます。日本列島は太平洋の端に位置しているともいえるので、「片隅」という表現はまさに適していますよね!

2億の瞳

「2億4千万の瞳」が歌われていた当時、日本人の人口は約1億2千万人でした。

なので目は2つあるから単純に「2億4千万の瞳」ということになります。

 

ただ、歌詞では2億、と省略されています。

  • 歌詞のフレーズとして言いやすい
  • 残り4000万の瞳=約2000万人は「素敵な事件(こと)」を探していれらない状態

前者の「歌詞のフレーズとして」という解釈で良いのではと思います。

人は愛の幻(ゆめ)を見ずにいられない…誰も

愛を幻(ゆめ)といわせているところが意味が深いですね。

 

出逢いは億千万の胸騒ぎ

出逢いは、とてつもなく数えきれないほどの胸騒ぎからはじまっている…

という意味と解釈できます。

2億4千万の省略、と安易に考えると矛盾が生じるためです(^^;

(2億4千万は瞳のこと=1億2千万人ということなので)

命のときめき

次の「エキゾチック」にも意味がかかってきますが、

自分の命がときめくのは、出逢いから、ということは、自分の命と相手の命、異なる2つの命との出逢いが「ときめき」になります。

それは全く違う、まるで異国の文化・異国人と接するような瞬間にも似ているのではないでしょうか?

自分とは違う存在との遭遇が「命のときめき、エキゾチック…」という歌詞に続いていくのだと思われます。

エキゾチック・ジャパン

エキゾチックとは「異国の情緒」「異国風」「異国の味わいがあること」をいいます。

郷ひろみが「2億4千万の瞳」を発表した際の日本は、高度成長期で諸外国との交流も活発になり、特に東京を中心にこれまでにない日本の文化の発展がありました。

文化での和洋折衷みたいに、日本、アジア、欧米、西洋、とにかくあらゆる文化が入り乱れていっていただけに「エキゾチック」な日本であったと容易に想像できます。

日本の寛容な文化の発展や時代背景が「エキゾチック・ジャパン」に集約されていますよね!

 

青い飛行船

地球のことを指します。

宇宙空間に青い地球が浮かんでいる様子です。

船旅でたまたま大型客船の乗り合わせた人と出会って…

広い地球で出会うことは困難そうにみえますが、「同じ船に乗っている」という考え方に思いを馳せると、それは出会って恋に落ちても当然だよ、と言われているようにも受け取れます。

抱きしめて男を女をハーフを

この「2億4千万の瞳」の歌詞で一番深い部分はここではないかと個人的に思います。

2019年現在では、同性婚や同性愛はだいぶ許容されてきていますが、郷ひろみがリアルタイムで熱唱していた時代に「ハーフ」という単語には「人種的なもの」「同性的なもの」両方の意味合いはすでにありました。

2億4千万の瞳は、恋愛について歌われていることもありますが、さまざまな人達の恋愛・親友・運命・そういった全ての出逢い=愛についても重ねて歌われているのではないかな?と感じずにはいられません。

この歌詞の後の「生きてるだけじゃ さびしいよ」には、人との出逢い・交流がいかに人生において謳歌したら素敵なのか、が結びついていきます。

「2億4千万の瞳」の世界観

自由奔放な恋愛の繰り返しを称賛する歌

これだけ多くの人がいて、これだけ多くの出逢い・ときめきがあって、大勢の人が素敵な事件(こと=出逢い)を求めている。

愛の幻(ゆめ)を追いかけたくなるのもわかる、という内容です。

出逢える命のときめきさを表現した歌

出逢い、命のときめき、そうしたことがこの日本で幾重にも起こっている!

それは素敵なことだよね!

そういったことを表現している歌ともいえます。

 

まとめ:2億4千万の瞳、いい!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。