ドラマ・アニメ・番組・映画

エヴァ初号機の正体とは?なぜ覚醒・暴走するのか中身についても

人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主役ともいえるエヴァンゲリオン。特に初号機は主人公・碇シンジが初めて搭乗する際に父親のゲンドウに強制的に乗せられそうになるシーン、そして乗らざるを得ない状況だったのも印象的でしたよね。

そのエヴァ初号機は一体何者で正体は何なのか?分かるようで分からりにくいエヴァ初号機についてまとめてみました。

エヴァ初号機の正体とは?

正式名称でもある「人造人間」が正体!

碇シンジの乗るエヴァ初号機の正式名称は

「エヴァンゲリオン初号機」

といいますが、エヴァンゲリオンそのものの正式名称が

汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン

といいます。正式名称を略してEVA、エヴァと読んでいます。

見た目は人型兵器・人型ロボットではありますが、名前の通り「人造人間」としての扱いになります。(見た目・外装がロボットみたいな理由も後述します)

エヴァ初号機はEVAシリーズの中でも「EVA-01 TEST TYPE」、つまりテストタイプ(実験機)という位置づけです。

 

肉体・器は使徒リリスのコピー?

エヴァ初号機は、EVAシリーズの中で唯一、人類の祖先リリスから製作された機体とされています。(エヴァンゲリオンが時に使徒アダムを人類がコピーしたものといわれたりもしますが、初号機以外のエヴァのことです)

 

人類が使徒リリス(アダム)をコピーして兵器として利用できる人造人間を作り上げたのが、汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオンということになります。

リツコが「アダムから神様に似せて人間を作った」という発言があるため、人類はリリスとアダムの細胞を用いて人工的に新たな人間(エヴァンゲリオン)を生み出した裏付けにもなります。

 

エヴァンゲリオンは人造人間のため、装甲の中身はあたかも生身の人間のような状態で、損傷すると血が噴き出したり内臓・脊髄があったりします。

 

コア(魂)はシンジの母親・碇ユイ

使徒リリスをコピーした肉体に、碇ユイの魂が宿っています。

エヴァ初号機の開発実験中の事故で亡くなったのですが、実際にはエヴァ初号機に身体・魂ごと吸収されてしまい、エヴァ初号機のコアにユイの魂が宿った状態です。

漫画版の方では詳細が描かれています。

 

エヴァの操縦方法

エヴァに搭乗・乗り込むには「エントリープラグ」と呼ばれるコックピット(脱出カプセルと一体化している)を脊髄に打ち込みます。

その後、エントリープラグ内をL.C.Lと呼ばれる液体で満たします。

LCLはパイロットとエヴァのA10神経(愛情を抱く時に使う箇所)を接続する役目を果たしており、神経伝達によってエヴァを操縦・コントロールします。

実際のところは操縦というより「一体化」に近いもので、エヴァを自由自在に操るために「シンクロ率」が重要になるのもこのためです。

エヴァ初号機を操縦できる人物(適正者)

エヴァ初号機にはシンジの母親の魂が宿っていると説明しましたが、シンジがエヴァ初号機を操縦できることにも繋がります。

エヴァ初号機(ユイの魂)が操縦者に息子であるシンジを求めている状態なので

  • エヴァ初号機にシンジが搭乗する=母親の胎内に子が宿る状態ともいえる
  • シンジの乗っていないダミープラグは拒絶されて起動しない
  • A10神経(愛情を抱く時に使う箇所)でつながる=母と子の愛情が強いほどシンクロ率が高まるともいえる
  • シンジが危機に陥ると暴走するのは「子を守る母性」によって本来のパワーを出す

というわけです。

エントリープラグが子宮、LCLが羊水のメタファーともいわれる由縁でもあります。

しかしながらエヴァ初号機操縦の適正者であるはずの息子(シンジ)でありながら、シンクロ率が低くなる(拒絶)ことも。

一方で桁外れのシンクロ率が発生させたりもしているのは「親子・母親であるから」ともいえそうです。

物理的外観は拘束具

エヴァ初号機は人型ロボットの形をしていますが、戦闘・暴走時に装甲板が剥がれるとまるで人間のような筋肉など生々しい本体・中身が垣間見えます。

先述で「肉体はリリスをコピーした人造人間」と説明しているので、外側は防具・鎧で身を固めて防御力を高めているようにも見えますが、実は外側に見える装甲板は「拘束具」の役割を果たしています。

  • 外部給電による活動限界
  • 内部電源が短い
  • エヴァの装甲板

はエヴァの力を人間が扱えるように制御・制限したもの(安全装置)で、

制御ができなくなる(暴走)=エヴァ本来のパワーを発揮

につながります。

 

まとめ:エヴァンゲリオンの正体・中身と作り方

エヴァ初号機の正体から、エヴァンゲリオンの作り方・動かし方が分かります。

  • アダム、リリスをコピーしてエヴァンゲリオンの肉体を作ります
  • エヴァンゲリオンのコア(魂)に母親を入れます
  • コア(魂=母親)の子供を操縦者に用意します
  • エヴァンゲリオン(母親)と操縦者(子供)をLCLを使って神経接続します
  • エヴァンゲリオン発進!

ものすごく端的にまとめるとこうなります…個人的に、かなり残酷な行為と思いました。

(なるほど、だからテレビ版のオープニング曲が『残酷な天使のテーゼ』なんですね…)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!