ドラマ・アニメ・番組・映画

【エヴァ】マリの機体は何号機?なぜ操縦できるのか搭乗機まとめ

人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の劇場版から新キャラとして登場した真希波・マリ・イラストリアス。マリが初登場したのは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』からになりますが、マリは他の登場人物たちとは違い、複数のEVA・機体を操縦しています。

そのため「マリは何号機に乗っているの?」という疑問を持つ人もとても多いです!

この記事ではマリがメインで乗っているEVAは何号機なのか?またこれまでマリが操縦してきたEVA・機体についてまとめました。

【エヴァ】マリはEVA何号機に乗っている?

マリのメイン機体はEVA8号機

 

 

【エヴァ】マリが操縦できるEVA・搭乗した機体まとめ

『エヴァンゲリオン』シリーズでマリが操縦したEVA機体を、作品内での登場順にまとめました。

EVA仮設5号機

正式名称 封印監視特化型限定兵器人造人間エヴァンゲリオン仮設5号機
搭乗・操縦した回 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
特記事項
登場シーン・特徴 物語序盤〜、戦闘によって使えなくなる
カラー

 

 

EVA2号機

正式名称 汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン正規実用型2号機
搭乗・操縦した回 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
特記事項 ビーストモード発動(獣化第2形態)
登場シーン・特徴 物語終盤、ゼウエルとの戦闘
カラー

 

EVA8号機

正式名称 汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン正規実用型(ヴィレカスタム)8号機
搭乗・操縦した回 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
特記事項 α宇宙装備、β地上装備
登場シーン・特徴 序盤の宇宙でのシーン(α)、中盤〜終盤(β)
カラー ピンク

 

 

マリはなぜ複数のEVA機体を操縦できるのか?

TVアニメ版『新世紀エヴァンゲリオン』を知っているファンからすると、コアなファンからすると「シンクロ率の問題等があるから専属EVAでないのになぜ?」と疑問に思うところですが、実は劇場版では、TVアニメ版の「チルドレン」「シンクロ率」という設定が除外されていて存在していません。

そのため、EVA機体との適合性についてもどうこうという考え方すら存在しない世界観・世界線となっています。

外側からエヴァをシリーズとして傍観している私たちからする疑問に思うところですが、エヴァ劇場版以降の登場人物たち・世界観からすると「なぜ乗れるのか?」「なぜ乗れないのか?」という疑問すらも起きない設定です。

とはいえ、人類なら誰でもエヴァに乗れるというわけではなく「エヴァに乗れる人間はごく一部」という括りだけがある状態です。

そのため「エヴァに乗れる=どの機体でも乗れる」という世界のため、マリは複数の機体を乗りこなしていてもおかしくはないと考えられます。

マリの適合能力が高いから?

「エヴァに乗れる人間はごく一部」というのはTVアニメ版でも共通する点でもありますが、実はTV版での設定でも「エヴァ操縦者(チルドレン)」なら別の機体でも操縦できる可能性は示唆されています。

それがTV版第一話で綾波レイが初号機へと乗り込もうとするシーンです。本来なら零号機専属パイロットですが、破損により急遽初号機で戦闘に駆り出されるーーという場面。

このことから「専属エヴァでなくても、乗れなくはない」ともいえます。

そしてエヴァンゲリオンは生物兵器(人造人間)でもあるため、ある程度の適合性のようなもの=エヴァに乗り込める人間、というのも先天的(遺伝子、血液型等)・後天的に決まってくる可能性も。

エヴァ操縦者の中でもマリはあらゆるエヴァ機体に適合しやすい体質という考察もできます。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!