ドラマ・アニメ・番組・映画

エヴァンゲリオン発進の時のセリフは?出撃・出陣準備中の言葉なども

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」でEVAが出撃・発進する時の決め台詞(セリフ)についてまとめました。

エヴァンゲリオン発進・出撃のセリフについて

新世紀エヴァンゲリオンは、今現在も根強い人気があります。ロボット戦闘シーンがあるアニメとしては異色作でした。

異色作だけゆえに、ガンダムやほかのアニメと違い、ロボット発進時のセリフ・決め台詞みたいなものが、いまいち思い浮かばないのではないでしょうか?

この記事ではエヴァンゲリオンが発進・出撃する前後のセリフをまとめてみました。

エヴァンゲリオン発進・出撃時のセリフまとめ

やります…。僕が乗ります!(碇シンジ)

父親の碇ゲンドウに理不尽にエヴァに乗るようにいわれ、包帯だらけのレイの様子をみてエヴァに搭乗する決意を固めた時のセリフです。

エヴァンゲリオン、発進!(ミサト)

他のロボットアニメとは違い、エヴァの発進時にはミサトがいます。

なので、エヴァ出陣の際は、ミサト自身が「発進!」という声を上げて指令を出します。

ミサトの所属および役職はNERV・戦術作戦部作戦局第一課長(TVアニメ時)

使徒との戦闘において全責任を担う立場のミサト。

さらに中学生のシンジたちをそんな戦闘に借り出している責任者でもあります。

地球の無事とシンジたちの命、両方の責任を背負っているミサトの「発進」は単なる気合や勢いだけでなく、時には鼓舞する思い、時には震えるような緊迫感が感じられます。

 

初めてエヴァ初号機でシンジが発進する時の会話内容(第壱話)

A:冷却終了
B:右腕(うわん)の再固定完了、ケイジ内全てドッキング位置
マヤ:了解、停止信号プラグ排出終了
A:了解、エントリープラグ挿入
C:脊椎伝導システムを解放、接続準備
A:プラグ固定終了
B:第一次接続開始
マヤ:エントリープラグ注水

シンジ:ん、な、なんですか、うわっ、あ、あ、んっ
リツコ:大丈夫、肺がLCLで満たされれば直接血液に酸素をとりこんでくれます、すぐに慣れるわ
シンジ:ん、ぼはっ、ん、あー気持ち悪い
ミサト:我慢なさい、男の子でしょ!
シンジ:んー

A:主電源接続
B:全回路動力伝達、問題なし
リツコ:了解
マヤ:第二次コンタクトに入ります
シンジ:ん?
マヤ:A10神経接続、異常なし
C:LCL転化率は正常
リツコ:思考形態は日本語を基礎原則としてフィックス、初期コンタクト全て問題なし
マヤ:双方向回線開きます、シンクロ率41.3%
リツコ:すごいわね
マヤ:ハーモニクス全て正常値、暴走ありません
リツコ:いけるわ
ミサト:発進、準備
B:発信準備
D:第一ロックボルト外せ!
B:回路確認、アンビリカルブリッジ移動開始
D:第二ロックボルト外せ!
B:第一拘束具、除去
A:同じく、第二拘束具除去
B:一番から十五番までの、安全装置を解除
C:解除確認、現在初号機の状況はフリー
D:外部電源、充電完了
A:外部電源接続、異状なし

マヤ:了解、エヴァ初号機、射出口へ 進路クリア、オールグリーン
リツコ:発進準備完了
ミサト:了解、構いませんね
ゲンドウ:もちろんだ、使徒を倒さぬ限り我々に未来は無い
冬月:碇、本当にこれでいいんだな
ゲンドウ:(ニヤリ)
ミサト:発進!
シンジ:ぐっ
ミサト:(シンジくん、死なないでね)

エヴァンゲリオン初号機、リフトオフ!(第弐話)

ミサト:いいわね、シンジくん
シンジ:あ、はい
ミサト:最終安全装置解除、エヴァンゲリオン初号機、リフトオフ

 

エヴァ弐号機の発進のアスカのセリフ(第弐拾弐話)

ミサト:了解、零号機発進、超長距離射撃用意、弐号機、アスカは、バックアップとして発進準備!

アスカ:バックアップ?私が?零号機の?

ミサト:そうよ、後方に廻って。

アスカ:冗談じゃないわよ…EVA弐号機、発進します!

まとめ:エヴァ発進時のセリフ随時まとめ中!

テレビアニメ版を中心にセリフをまとめています。

劇場版やパチンコなども随時セリフが分かる方がいましたらコメントいただけたら嬉しいです。

TVアニメ版や劇場版でエヴァンゲリヲンがどんな発進をしているか…気になる人はネットやスマホで動画見放題のサービズでチェックするのもアリですね!

 

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。