ドラマ・アニメ・番組・映画

偽装不倫ドラマと原作の設定変更に違和感?違いとネットの声まとめ

原作漫画がドラマ化された「偽装不倫」。ドラマと原作との設定変更に違和感があると話題になっています。偽装不倫の漫画とドラマの違いについてまとめてみました。

ドラマ偽装不倫について

放送中のドラマ偽装不倫。原作は東村アキコさんの同名タイトルの漫画です。
東村アキコさんといえば、「海月姫」や「東京タラレバ娘」などでもおなじみの漫画家さんです。

また、4年ぶりに連続ドラマに出演する杏さん。これも話題になりました。
今回は、ドラマ偽装不倫の原作との設定変更、原作との違いについて書いていこうと思います。

ドラマ偽装不倫のあらすじ

杏さん演じる主人公、濱 鐘子。鐘子は、32歳で婚活をしていますが、それも失敗続きです。ある日、リフレッシュをするため、一人旅を計画し、実際に福岡まで飛行機で行きます。荷物をしまうときに、他の乗客の荷物が上から落ちてきます。姉から借りた服で旅先まで出かけた鐘子ですが、その服のポケットに指輪を発見します。飛行機内で指輪を落としてしまい、困っているところに一人の青年が声をかけます。青年は指輪を拾ってくれたのでした。

青年に指輪をはめてもらう鐘子ですが、指輪をはめる指を尋ねられ、思わず左手の薬指だと嘘をついてしまいます。既婚者だと嘘をついてしまう鐘子。
青年は、落ちてきた荷物が自分の物であることやそれで鐘子にたんこぶを作らせてしまったことを詫びます。

嘘をついてしまった鐘子とそれを信じる青年。物語は、進んでいきます。

偽装不倫ドラマと原作の設定変更

まず、主人公鐘子が行く旅先が、違います。
原作では韓国になっています。それと原作では飛行機内で出会う青年が韓国人になっています。名前はジョバンヒです。

原作との違い:主人公鐘子の旅行先

原作では、主人公鐘子の旅行先は韓国になっています。

ドラマでは旅行先は福岡になっています。

原作との違い:相手の男性役の設定と名前

原作では、相手の男性役は韓国人で、名前はジョバンヒとなっています。

ドラマでは、相手の男性役は日本人で、名前は伴野丈となっています。

音や発音はだいぶ原作に寄せていますが…少し無理がありますね(^^;

 

その他ドラマと原作で設定変更された部分

色々探してみましたが、今のところ、他に情報はありませんでした。

ですが、日本人に設定し、旅行先を福岡に設定変更したことについて、以下のコメントがあることが分かりました。

日本テレビの加藤正俊プロデューサーによると

「原作では鐘子が恋に落ちる相手は韓国人で、韓国語の会話も出てくるストーリーでした。実は韓国でのドラマ化の話も進んでいると聞き、日本版のオリジナリティーを出すために、東村さんからもアイデアいただいて日本人設定に変更することにしました

そして、原作者の東村アキコさんのコメント

「ドラマは原作と違う設定になりますが、宮沢氷魚さんは、私もぜひにと激推しした若手俳優さんです。不思議な透明感が必要なキャラだと思いますので、演じられる人は彼しかいないと思います!」

原作者の東村アキコさんや日本テレビの加藤正俊プロデューサーの判断により、設定変更していたんですね!

原作ファンの方はがっかりかも知れませんが、原作を知らない方は受け入れられるかも知れません。

偽装不倫ドラマの違和感・ネットの声

偽装不倫ドラマの違和感やネットの声をまとめてみました。

「偽装不倫も見たけど、杏ちゃんは現実世界で幸せ既婚者子持ちなわけなので、できれば独身女優がやってくれた方が見ていて違和感ないかも。」

原作との違いを指摘する人や、既婚者の杏さんが演じているのに違和感を感じてる人、また、ドラマ化は無理あるといった声がありました。

まとめ

  • 主人公鐘子の旅行先は、原作では韓国でドラマでは福岡
  • 鐘子の相手役の男性は、原作では韓国人でドラマでは日本人

原作を知っている方には、違和感があって受け入れられないことや原作との違い、既婚者の杏さんが演じているのに違和感を感じている人、ドラマ化は無理があったなどの声がありました。

原作があるものは実写化されると批判の声があるものが多いように思います。

それほど、原作を好きな人が多かったり、支持されているということでしょう。ドラマ偽装不倫もそうなんだと思います。

様々な世代や様々な人たちに支持されるようなドラマになったらいいですね。

今回は、ドラマ偽装不倫の原作との違いについて書いてきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。