事件・政治・騒動

岩手県にコロナ隠蔽疑惑?感染者ゼロは感染隠しではなく検査数の少なさが原因?

「岩手県が新型コロナウイルス感染者数がゼロなのはおかしい!」「岩手がコロナ感染ゼロ人というのは隠蔽しているからでしょ」といった声が、2020年4月になってから、日に日に高まってきています…。

隠蔽の可能性はあるのか?元岩手県民(実家が岩手=岩手県育ち)の視点と体験から、隠蔽疑惑について考察していきます。

岩手でコロナウイルス感染者が出ないのはあまりに不自然=隠蔽疑惑に

なぜ岩手県では新型コロナウイルス感染者ゼロが続いているのか?はこちらの記事にまとめていますが…

岩手で新型コロナウイルス感染者が出ない・いないのはなぜ?検査者が少ないから?

これだけ爆発的に感染者数が増えているにも関わらず、なんで東北は岩手だけ出てないんだ!といった声もちらほらと…

東北新幹線・東北自動車道で人口交流があるのに感染者ゼロ?

岩手は人口少ない・人口交流少ないといわれていますが、東北自動車道・東北新幹線があります。

そのため中央からの流通・交通はよさげに見えますが、それは広大な土地のごく一部「内陸部」だけのこと…。

内陸から沿岸部への流通・交通は不便です。

こういったところも感染拡大を抑えている要因にはなっているかもしれません。

 

とはいえ、東京・都会・中央からのアクセスは末端側とはいえあるのに「感染者ゼロかよ!なんで?」という疑惑が隠蔽なんじゃ…と人々の不安な気持ちから噂が立っているのかもしれません。

いわて花巻空港周辺でコロナ陽性の人が滞在したのに?

 

岩手でコロナウイルス感染者ゼロ=隠蔽よりも怖いこと

検査数が圧倒的に少ないので陽性発見が大幅に遅れている可能性

隠蔽というよりは岩手県では新型コロナウイルスの検査「PCR検査」が全国的に比べて極端に少ないです。

「検査機関は1か所のみ、機器は2つのみ、1日の検査数は10程度とか…」

・・・。

言い方が悪いですが、確率論的にもそれは陽性出ない可能性高いですよね…。

 

岩手の県民性は隠蔽体質になっているのか?

岩手県内の「隠ぺい」や「陽性反応」といった言葉で、岩手県民が真っ先に頭をよぎるのは

  • 岩手県博物館の学芸員による出土品の「無断切り取り」
  • 岩手競馬の競走馬の薬物反応

ではないでしょうか?

また岩手県の良くも悪くも「田舎文化」で町の噂が回りやすい地域があることを重々承知している住民たちの中には「感染したら村八分にされるから隠している」と考えてしまう人もいるようです。

コロナ情報に関する隠蔽の可能性は低い?

「小沢王国だから」といわれている岩手県ですが、そもそも岩手が小沢王国と言わしめられるのは本人が「川上から川下まで」の精神で、地に足をついた政治活動を地元でコツコツと泥臭く行っていたのを高齢者世代がずっと感謝していたところにはじまるので、正直今回のコロナウイルスの件で隠蔽がどうこうできる話でもない、というのが個人的な見立てです。

さらに岩手県のトップ、達増知事の任期年数やこれまでの岩手での活動を振り返ると「はたして隠蔽するといった決断をするだろうか?」と。

さらに根も葉もあるなし関わらず噂になりやすい田舎の風土が残っている岩手県でぶっちゃけこういう重大な「隠ぺい」って無理なんじゃないかな…と思ったりもします。

岩手県の保健所および病院ぐるみで隠ぺいができるのだろうか…

 

隠蔽ではなく「検査したくてもできないから感染者が出る可能性が低い」といったことが事実なのでは…そして検査したくてもできない=仮に亡くなったとしても死因にコロナウイルスが関わっているのか?も検査できてない…このことのほうが隠蔽よりも怖いんじゃないかな…(だって隠蔽ならトップが把握して防御できる可能性があるけど、誰も知らないまま蔓延し続けて駄々洩れになってしまう…)

岩手のコロナ隠蔽疑惑は県民性によるもの?

また意外なことに「岩手県のコロナ感染者ゼロは隠蔽の結果!」と声を上げているのが岩手県内に住んでいる人、県民・住民が多い!

これもひとえに

  • 真面目な県民性
  • 東北ならではのネガティブな県民性

によるものと考えられます。

なぜ岩手県で新型コロナウイルス感染者がゼロなのか?という、ある意味なかなか答えが明確でない疑問に対し

「なんだかよくわからんけど、岩手すごい!やったね!!!田舎のおかげかな!?それとも真面目に暮らしてるからかな!?私達ってさすが!!」

といったポジティブな気持ちよりも

「え・・・?なんでこんな地味な県の私達のところが?かえって自分が第一号で感染した時に責められそうで嫌だな…」

「岩手がこんなに感染者ゼロだなんていう素晴らしい結果が信じられない!さては…隠蔽とかしてるんじゃ…」

といった悪い方向、ネガティブな思考回路へとなりやすいせいもあるかもしれません。

 

さらに、岩手県に住んでいる方々は地元愛が強いので、地元の情報は網羅しています。

「岩手県の検査数の少なさ」

も多くの県民が知っているからこそ「検査数が少ないなら、陽性が出る確率・可能性だって低いじゃない!」という不安な思いが根底にあるようです…

 

こうして良くも悪くも冷めて周りをみれている点、楽観視しないで新型コロナウイルス対策を個人個人でしている点が、もしかしたら感染者ゼロの要因になっている場合もあるかもしれませんね…

まとめ:岩手でコロナウイルス感染ゼロであり続けることはそこまで大事ではない?

【岩手関連記事】

岩手のたまごパンは隠れたソウルフード!復刻・復活タマゴパンについて

ボルダリング女子の伊藤ふたば選手が美人でカワイイ!応援しましょう!!

【新型コロナウイルス関連記事】

【新型コロナ】東京閉鎖で今後どうなる?都道府県別ロックダウンはあるかどうかも

【新型コロナ影響】食料備蓄・食料買い占めは本当に必要?買う場合のポイントや注意点

岩手で新型コロナウイルス感染者が出ない・いないのはなぜ?検査者が少ないから?

新型コロナウイルス円高はなぜ?分かりやすく日本とドル安を簡単に解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。