生活・本・アート

岩手県2020年の夏休み期間はいつからいつまで?コロナ影響で短くなる・なくなる可能性は?

岩手県の小学校・中学校・高校の夏休み期間が新型コロナウイルスによってどうなるのかをまとめました。

岩手県2020年の夏休み期間はどうなる?

通常・通年だと7月中旬~下旬から

岩手県の小中学校および高校の夏休みは、通常だと7月の第3週の後半からはじまり、8月の第3週あたりで終わります。

岩手県の場合は夏休み・冬休みの期間がほぼ同じ約3~4週間ほどとなっています。

春休みが前倒しになった影響で夏休みが短くなる?

入学式・始業式早々に、学校側から「年間行事予定表」が児童・生徒および保護者に配布されますが、岩手県内の現状では通年どおりの夏休み期間・冬休み期間を設けている学校が多いようです。

春休みが長かった分、夏休みを短くして対処するという方針は2020年4月では打ち出しておらず、不足分は通常の学校の授業で補う方針なのでは?と考えられます。

3月の授業なので1年間の総まとめ・復習の勉強が多いとはいえ、約2週間分の学習の遅れをコツコツと日常でカバーしていくのかもしれません。

岩手県内はコロナ感染者ゼロなので夏休みも通常通り?

2020年4月現在、岩手県はコロナ感染者がゼロのため、小中学校・高校は通常通りの日程で入学式・始業式が行われて通学が始まっています。

ただし、コロナ感染予防のために入学式は最小限の出席者になったり、マスク着用の義務など対策は行っています。

また一部学校では修学旅行の取りやめや変更もあるようです…。

夏休み以外にも、学校行事の中止・延期等の措置がとられています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。