東京五輪ボランティア応募フォームが難しい!?人選の絵踏みになっている?

      2018/10/16

この記事は約5分で読めます。

SponsorLink

東京五輪のボランティア募集の応募フォームが「すさまじい」ことになっているそうなので見てみました!

 

東京五輪のボランティア騒動……

どうも、アンケートサイトを複数登録している三神かな子です!

(ポイントもらえていいよね……☆)

 

今回はそんなアンケート好き(?)な私もびっくりの情報が。

 

東京五輪ボランティアの応募フォーム「悪戦苦闘」の声続出 組織委「改定は予定していない」

 

2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会が2018年9月26日から募っている大会ボランティアの応募手続きが「煩雑すぎる」などとして、SNS上で非難を浴びている。

公式サイトの応募フォームから個人情報などを入力するのだが、項目が多いと指摘されているほか、入力エラー時に表示される特徴的なポップアップもストレスの要因となっているようだ。こうした声を組織委はどう受け止めるか。

引用:J-CASTニュース

うむむむ……。

私もいくつかブログ記事を書いていて、コメントやお問い合わせでご意見をいただくのですが、そのなかでも隠れて盛り上がっていたのが

「東京五輪ボランティアについて」

なんですよね……。

 

そこで、ついつい「本当!?リアリィ〜!?」と反応してしまいましたが……

 

早速「いうほど難しいのか?」を見てみました!

 

SponsorLink

 

東京五輪ボランティアの応募フォーム入力が面倒くさい?

実際に、アンケートの登録をパソコンで試してみました……

本当だ……

「約30分かかります」の文字が!!

 

おののきながらもチャレンジしてみます………。

 

 

 

結果……

 

 

 

 

ええええ??

 

普通……

 

 

というか、最後の「STEP6」に行くまで、10分もあれば行けましたが……

(コレ以上の入力が、まだあるのかな……?)

 

確かに「操作しづらっ!!」っていうポイントはいくつかあったものの、パソコンで入力する分には何も難しいことはなかったです……

念のため、スマホでもやってみたところ……一番何がウザいのかが分かってきたので、次にまとめました。

 

 

東京五輪ボランティア募集で入力しづらかったり不便を感じた点

誕生日の入力がカレンダー形式

数字を入力する部分があったものの、日・月・西暦という順序で入力するので一瞬「???」となる

 

選択肢で一番多いであろう「日本」が頭にない

地味に苦痛です。

 

次のSTEPに行くたびにポップアップが出てウザい

個人的に一番イライラしたのがコレ。

右側に並ぶ、赤いアイコンがある、小さなウィンドウ……

これが、入力項目と同数くらいにババババーーーーっと出てくるんですよ。

 

フォームに必須事項とか設定できるのだから、いちいち出すな!と思うけれども……

Chromeで操作しているからなのか!?

まとめて消せないので、連打しなきゃいけないって、なに!

STEP2なんて、ニュース記事に上がっていたとおり

確かに「ウィルス感染しましたか!?!?」ってくらい出てくる。

 

 

確かにユーザビリティとは?を考えさせられるけど……

選択させるところが面倒!という感じで、確かに不便だけれども、正直そこまでじゃないというのが本音です。

最近のアンケートは「ボタンの近くに広告を貼っていて、わざと押させようと動かしてくる」という謎の仕様になっていることに比べたら、全然まとも。

 

一番は

「ポップアップうざい!」

ですね。

 

 

SponsorLink

 

 

まとめ:応募フォーム入力できないと東京五輪ボランティアは務まらない……

実際は「話題になるほど、そうでもなかった」と……

委員会側も「応募フォームの改定はしない」というのも分かる気がします。

(多分、アレを直させたら、修正分として多額のお金支払わなきゃならないから。修正に追加料金とられる契約をしてそうだし……)

 

ある種、東京五輪ボランティアができるための最低限の能力の見極めとしての

 

「絵踏み」

「試練」

 

なんじゃないかと思うくらいの、絶妙な加減でした。

 

もしくは、炎上商法的に、東京五輪のボランティア募集を広く告知する手段にしているか……とか見てしまいますが。

 

アンケートサイトでポイントやお小遣いを稼いでいる人は「見込みがある」人たちになるのかもしれません(?)

 

それでは!

 

 - 事件・政治・騒動, 全記事 , , , ,