校閲ガール続編の放送開始日やあらすじ内容は?無料視聴方法や再放送は?

   

この記事は約5分で読めます。

SponsorLink

『地味にスゴイ!校閲ガール』が続編決定ということで調査してみました!

 

ドラマ「校閲ガール」続編決定!

どうも、地味にスゴイ!といわしめたい三神かな子です!!

 

……もうこう思っている時点で「地味にスゴくないんですね」宣言している私ですが。

 

あのドラマの続編が!実は地味に決定していたようです!

 

『地味にスゴイ!DX 校閲ガール 河野悦子』

 

スペシャルドラマではありますが、また地味にスゴイ校閲ガールが見られるのは嬉しいですね!

 

 

SponsorLink

 

『地味にスゴイ!DX 校閲ガール河野悦子』のあらすじは?

やっと叶えたファッション誌編集者の夢!

でも本当にやりたいことじゃなかった?

まさか、私の天職は……校閲!?

悦子が校閲部から念願のLassy編集部に異動して一年。

幸人との関係も順調で充実した毎日を送っていた。ーー

そんな中、「Lassy」にスゴ腕の新編集長がやってくる!

創刊当時からのベテランスタッフのクビを切るなど

編集長の冷酷なやり方に悦子は猛反発!

校閲の存在をバカにされ編集部を追い出される始末。

さらに!

幸人の新しい担当編集者(若くて可愛い☆)に胸騒ぎ

仕事に恋に大ピンチの悦子、一体どうする!?

現在、発表されているあらすじはここまで!

 

これは……大波乱のようですね!

 

校閲はなぁ……地味に大事な作業なんだよっ!

たった一文字で企業の信頼落としてしまうことだってあるんだからね!!

完璧にできて当たり前、ミスればマイナス。

プラスに見られることはない地味な仕事だが誇りはある!!

 

……という、私の知り合い・関係者の声をお伝えしておきます(^^;

 

SponsorLink

 

 

 

『地味にスゴイ!DX 校閲ガール河野悦子』の放送日時は?

実はこちら、まだ未定です!

 

詳細が分かり次第、お伝えしますが、2018年10月現時点で公表ということは……早くても年末の12月以降になるのでは?と推測されます。

(これまでのスペシャルドラマ決定!からの放送日を踏まえて)

年末年始は見逃さないよう、今から録画用のHDDを整理整頓せねばですね!

(早すぎ……?)

 

『地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子』過去の放送を見る方法は?

インターネットのビデオオンデマンドサービスなら即見ることが可能です!

いくつのかのサービスで既に配信済みのようなので、無料期間サービスを使ってチェックしてみるのも良いですね!(つい他のドラマも見膜ちゃうかも!?)

個人的に特にオススメのビデオオンデマンドサービスを紹介します。

 

Hulu(フールー)

Huluは、ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えたオンラインビデオ配信サービスです。
月額933円(税抜)で全コンテンツ見放題!

さらにマルチデバイス対応なので、パソコンでもスマホでもいつでもどこでも視聴可能!

実はHuluは「校閲ガール」を最速配信のオンラインビデオ配信サービスなんです。

今年に入ってからサイトもリニューアルされて、より見やすくなっています。

(ということは…利用者が増えていることの裏返しかもしれませんね☆)

 

Hulu の地味にスゴイ!……いえ、地味じゃなくスゴイ!ところは……

 

わずらわしいポイント制度がないこと!

 

ほかの配信サイトでは「こんなにドラマがある!」と思っても、いざ観たい!となったら「見放題対象外でポイントが〜」……ってあったりするんですよ……(^^;

「見放題」が魅力で契約しているのにガッカリ……なんてことも。

 

その点、Huluは、見放題の作品しか置いていないので……

検索してあれば見放題観れる!なければ観れない!

とても分かりやすいです!

潔し!

 

そういったところからも、Huluはかなりオススメ です。

 

Huluののサイトはこちら!

無料トライアルも随時実施されています!

 

 

SponsorLink

 

 

 

おまけ:校閲ガールに入り浸りたい人にオススメ書籍

最後に、校閲ガール気分になりたい人にオススメの書籍です。

(出版・印刷関係の人に聞いてみました笑)

 

校正記号の使い方

あの特徴的な「印刷物などに赤を入れる記号」は実は校閲する界隈では共通の記号です。

(一部、会社ならではのローカルルールもあるそうですが)

これを知っていると、会社の書類等で校正・校閲する時に分かりやすく訂正できて便利!

 

記者ハンドブック

文字の使い方の基本中の基本が載っています。

記者の校正(校閲)には必要な一冊で、新聞記者なら必ず持っている…といっても過言ではない書籍のようですよ!

 

 - ドラマ・アニメ・番組・映画, 全記事