はんなりギロリの頼子さんロケ地はどこ?原作とドラマのあらすじは?

   

この記事は約6分で読めます。

SponsorLink

京都イコール、よーじや、もしくは安田美沙子、はたまたくるり、と思っている三上かなこです。修学旅行でよーじやに行った思い出。

 

今回はドラマのロケ地。AKB横山由依さん主演「はんなりギロリの頼子さん」のロケ地はどこなのか調べてみました。

 

 

横山由依さんについて



まずは主演、横山由依さんについてのプロフィールはこちら。

本名:横山由依(よこやまゆい)

愛称:ゆい、ゆいはん

生年月日:1992年12月8日(25歳)

血液型:B型

出身地:京都府木津川市

特技:ドラム、側転&逆立ち

趣味:音楽鑑賞

サイズ:158cm、74 – 60 – 86 cm

引用:Wikipedia、太田プロダクション

AKBのメンバーで、総選挙で毎年じわじわと順位を上げている横山さん。キャッチフレーズは「金閣寺よりも輝きたい! 京都出身の横山由依です」。だが、本人は金閣のある鹿苑寺に行ったことがないという、どこかが抜けているようなエピソードも。

私の中ではCMレイクの印象が強いです(笑。

京都出身、あだ名も「ゆいはん」、京都の冠番組も持っているのでまさに主役に適任!本人も

主人公について「私も目がきつい印象を持たれてしまうのがコンプレックスなので、目つきのせいで勘違いされてしまう感じが共感できました」と話している。

引用:ヤフーニュース

といっているくらい!

 

原作は漫画「はんなりギロリの頼子さん」

漫画概要

世界有数の観光地・京都の一角にあるたばこ屋の店番・頼子さんーー。
冷たい目つきのせいでこわそうだけど、実はちょっぴりシャイでとっても優しい☆そんな頼子さんが、観光名所や美味しいものなど、京都の素敵ポイントをご紹介♪
“ギロデレ女子”ד京都”が織り成す、観光地ハートフルドラマ。
引用:楽天ブックス

現在は第四巻まで発売されています。

 

お試し版はここでも読めます!

外部サイト:WEBコミックぜにょん

 

ドラマ・漫画の違いはオリジナルキャラクター

ドラマは、原作マンガに新たな人物やエピソードを加えたもので、京都に来たばかりの雑誌編集者・山田優一を俳優の中尾暢樹さんが演じる。

京都に転勤したばかりの雑誌編集者の優一は、フランス人夫婦を案内しようとするが、逆に迷わせてしまう。優一は、近くにあったたばこ屋の頼子に助けを求めると、ギロリとにらみながらも流ちょうなフランス語で案内。「フランス語は、観光客を案内するうちに自然に身についた」という頼子だが、店の奥には外国語の教材が山積みになっていた。優一は頼子と打ち解けるが、なぜか京都弁を話さない頼子の意外な過去を知る……というストーリー。

引用:ヤフーニュース

原作もドラマ版も同じストーリーになっています(困ってるフランス人夫婦を助ける)が、雑誌編集者・山田優一の存在は原作にはありません。オリジナルキャラクターかと思います。

 

放送は4月に全4話!

4月から関西ローカルで深夜に放送される予定。1話30分で全4話。

ぜひ全国でも放送してほしいですね!

 

ロケ地はオール京都!間違い無し!



原作の漫画は、ギロデレな頼子さんが不器用ながらに京都の魅力を案内するのがメインです。

なのでロケも当然、オール京都と思われます。

名所から隠れスポットまで、さまざま。原作に掲載されている場所をいくつか紹介します!

 

★清水寺

★八坂神社

★今北軒(五条)→食べログのページはこちら

★清水寺近くの見晴らしの良い歩道橋(京都市東山区 五条橋東4丁目 付近)


★金閣寺

★銀閣寺(向月台など)

★京都駅(大階段、空中径路、屋上広場など)


一つ一つを挙げていたらきりがないほど、オール京都!な場面ばかりが出てきます。

 

まとめ:京都の魅力と地元あるある

京都の魅力を不器用ながらに持ち前のサービス精神で人に伝えていく頼子さん。京都のイベントを面倒臭がったりする場面は地元あるあるみたいな感じで京都の人にも受け入れられているようです。

 

放送が楽しみです!

 

では〜。

 

 - ドラマ・アニメ・番組・映画