日曜アメトーーク家電芸人の新生活オススメ家電は?2018春最新版!

   

SponsorLink

家電大好き!三上かなこです。家電量販店で長時間過ごすことも苦痛ではないです。むしろワクワク。大抵はパソコン売り場かゲーム系のコーナーにいますけれども。

今回は3月4日に放送された日曜アメトーーク2時間SP「新生活応援・家電芸人」について。番組で紹介された家電をまとめてみましたので、気になる方、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

 

一押し最新型テレビは携帯型



Panasonic:プライベート・ビエラ UN-19Z1

家中に持ち運べる、コードもついていない状態で3時間半観られるテレビです。

最新型のプライベート・ビエラは充電ドッグ兼スピーカーに置くと迫力の音が聞こえてきます!従来型からの改善点ですね。

DIGA(録画機器)とリンクしているので録画した番組も無線LANでデータを飛ばして家中どこでも録画放送がみられます。

DIGA1台があれば、家中の複数のモニタで同様のことができるようになっているそうです。

(Panasonic同士の連動)

 

最新型!おすすめ掃除機

SHARP:ラクティブ エア EC-AR2SX

ドライカーボンという軽量素材を使っているため、軽くてスゴイ丈夫。掃除機を持たされた感じがしないくらい、軽い!!

さらにノズルの付け替えが簡単!

バッテリーの下部分に「ちょいかけフック」があるので、どこにでもかけやすい仕様になっています。

 

前回はキャニスター型を紹介しましたが

今回はそのスティック版!そしてスティック型では業界最軽量の1.5Kgです。

 

 

SHARP: コードレスワイパー掃除機

【シャープの社名の由来】

早川金属工業が金属製シャープペンシルを発明、世界で初めて作った会社です。そして世界に通用する名前にしようと「シャープペンシル」の文字からとって「シャープ」という会社名に変更したのだとか!

 

そんな革新的なアイデアを生み出してきたシャープですが、

「ワイパーシート+掃除機」をセットにした家電、ワイパー掃除機を作りました。

吸いながら拭ける!ほこりを取ってから吹くという理想的な掃除をしてくれる掃除機です。

ハンディタイプにもできるので本当に便利!

価格帯も比較的お手頃です。

 

 

Electrolux:ラピード・リチウム(ウェットアンドドライ)

エレクトロラックスは世界初の家庭用掃除機を作った会社で、家庭用ロボット掃除機も世界初!北欧スウェーデンの会社です。

普通の掃除機は水を吸ったら壊れますが、この掃除機は、水分&ゴミを同時に吸い込める、ハンディ型掃除機です!

コップ1杯分の水分なら吸えます。

 

TOSHIBA:VC-NXS1

見た目がコロコロしていますが、その形のお陰で前後のターンがとても楽。

そしてキャニスター型でありながら充電式、コードレス掃除機です。

自走式ブラシで軽々進みます。さらにヘッドを浮かせると一時停止!(60秒)置いたらまた起動します。

一番スゴイのが、本体で吸ったゴミをダストステーション(充電台)へと吸収&圧縮してくれるので、本体からゴミを出す必要は一切ないこと。

そしてダストステーション側に吸収したゴミは圧縮のおかげ約1カ月ゴミ捨てが不要!

 

東芝のトルネオロボ(ロボット掃除機)も同じ原理のロボット掃除機でした。

この評判が良かったのでキャニスター型の掃除機にも反映されました。

 

【東芝スゴイのに地味すぎて残念エピソード】

  • 他社が「プラズマクラスター」「ナノイオン」を出していて、東芝はさらに粒子の小さな「ピコイオン」を出したのに、世間に全然届いていない
  • 日本初の電気アイロンを作ったのが東芝。この間100年モデルというのが出たそうです。ものすごいこだわり、品質も良いのに、これまた全然世間に知られてない。

 

  • 洗濯機でウルトラファインバルブ洗浄を発明。水の中に細かい泡を作ってさらに洗剤のパワーを上げるという独特のものを作ったのに、世間に届いていない。
  • 全番組録画HDDも実は東芝が発明

家電芸人土田さんいわく、「開発、技術とかはすごくあるんだけれども宣伝する力がちょっと足りないのかな?(笑」とのこと。

もったいない!!

 

ひとり暮らしにピッタリな家電特集



神明きっちん:poddi(ポッディ)

15分でご飯が炊ける炊飯器。カラーバリエーションが7色展開!

専用のソフトスチーム米(スチームをあて半分炊飯した状態の米)は洗わなくていいのでそのまま投入、水とともに炊きます。

お好みで専用の炊き込みご飯の素を投入しても楽しめます。

一応、普通の米も炊飯できます(+数分)

価格が安いのも魅力なので、高級な炊飯器などにこだわらなくてもよい人向け。

 

Panasonic:衣類スチーマー

 

ハンガーに掛けたままシワ取りできるアイロン。丸みのある素材などもアイロン面でふんわり仕上げられます。

スチームのおかげで脱臭効果&花粉の抑制効果も。

 

Blueair:空気清浄機 Blue Pure 411

ブルーウエアはスウェーデンの会社。

ブルーウエアは世界ナンバーワンといわれる空気清浄機(Classic 480i)があるのですが

これがなかなか値段が高いんです。

会社が頑張って、若い人向けにと作ったのが、上記のドラえもんカラーの空気清浄機なんです。

空気を吸う部分が青い部分全て。 360度吸引が大事なポイントで、全方向から空気を取り込めるので置き場所を選びません。

プレフィルターは洗濯OK。

 

 

キッチン家電・超ハイテク商品

SHARP:ヘルシオ ホットクック KN-HW24C

※容量によって価格帯も変わります

水なし自動調理鍋!材料を入れてほおっておけば料理ができてしまいます。

番組では乾麺の状態からナポリタンを作れる!ということで実際に作っていましたが、本当に材料を切って調味料とともにいれるだけ。

まぜ技ユニットが付いているので、混ぜてくれるので本当に材料を入れるだけでいいんです。

さらにこの家電、「まかせてね」「一生懸命がんばってます」とか語りかけてきます(笑)。

そしてWi-Fiでつながっているので、スマホと連動したり、今日のオススメを提案する機能や生活に合ったメニュー提案をしてくれます。さらにユーザー同士が情報を提供し合うので調理&人気ランキング、なんとメニュー占いでラッキーメニューが出てきたりなど、楽しみながらメニューを決めることができます。

情報を共有できるということで、スマホで材料を確認して作ったり、ユーザーがさらなる美味しいレシピ提案をすれば皆に広まったりする可能性も持ち合わせているので、本当にユーザーたちで「家電を育てる」感のある商品ともいえます。

 

SONY:ウェアラブルネックスピーカー

世界初のテープレコーダー、ウォークマンといった、ステレオやコンポなど音に関していえばSONYはスゴイ!

そんなSONYがテレビ用のスピーカーとして出したのが、肩に乗せるスピーカー。音の性能が良い!

大きな音を出すと近所迷惑でも、このスピーカーなら家中に大きな音を立てなくてすむので、周囲に迷惑をかけずに大音量を楽しめるという設定!音と連動してバイブレーションが起きるので臨場感も味わえます。

奥さんが掃除を始めても、周囲の騒音に負けずに聴こえる。スポーツ観戦しながら必要な時まで作業できる。洗い物しながらテレビを観るのに便利……などあらゆる場面で便利さを実感できます。音量調整ボタン、主電源、振動もスピーカー本体に分かりやすく付いています。

一つだけ気になるのが肩こり。ですが全く大丈夫らしいです。適度な重さがないと肩からずれ落ちたりするので絶妙な重さになっているようです。

 

ありそうで無かったアイデア家電



アイリスオーヤマ:対面操作式・卓上IHコンロ

1000Wセーブ機能というのも搭載しています。コンセント1カ所あたり1500W超えるとブレーカーが落ちてしまうので、1000Wセーブにするとブレーカーが落ちにくくなるという優しい設定を設けています。

前回は両面ホットプレートが紹介されていました。

 

 

THANKO:アイロンいら〜ず

濡れた服をビニールに着せてスイッチ・オンで、約40分で服が乾くという乾燥器。

乾燥&しわ取りが両立できる上に寒い時は温かいシャツを着て出かけることも可能。

 

さらにサンコーは面白い商品も出していて

THANKO:スマホde鼻毛カッター

電源がスマホから取れる鼻毛カッターです。

 

 

raycop:ふとんコンディショナー

布団クリーナーで有名なレイコップから世界初の快眠マシン!

人間が一番快眠できる快適温度33度±1度を保ってくれる機械です。

寝る時は1度下がると寝やすくなり、起きる時には1度上がると快適に起きられる。その原理を生かして温度調節タイマーが備わっています。

エアスペーサー(東洋紡との共同開発)の水洗い可能で除菌&脱臭モードも搭載。

 

Panasonic:ジアイーノ

空気清浄機とは全く別物、レベルが違う!空気を洗う機械です。

元はSANYOがウイルスウォッシャーという次亜塩素酸を用いた機械を開発・製造して学校や病院など公共機関に活用していた物を、吸収合併したパナソニックが家庭用にと作ったものです。

次亜塩素酸とは、除菌力、ウイルス抑制力に優れ、厚生労働省も認める成分。哺乳瓶やプールの除菌などでも活用されています。

ジアイーノは、専用の塩タブレットと水道水を電気分解して次亜塩素酸を発生させて空気洗浄!ビックリするくらい消臭します。

 

 

おまけ:今回の家電芸人用語集

家電三兄弟

ユウキロック&松橋周太呂&かじがや卓哉 のこと

 

【国際家電学会の格言】

  • 買いたい時が買いたい時
  • ミクビルナ、カデンノシンポトマゴノセイチョ〜
  • 米は蒸らして、恋は焦らして。(米粒みたいに細かいこと言わないの!) ←NEW!

家電格言は一説には2000-3000あるらしいですよ!(笑)

 

「家電を育てる…皆で買って、家電を育てて安くさせよう」

高い家電でも一応買うことが大事。それが家電を育てることにつながる。第一号の商品ってダメな部分もあるけれども皆が買ってくれたら第二弾がメーカーは出せる。そうするとレベルが上って値段が安くなって…というサイクルになるから、家電は思い切ってかうべき!という理論

 

「世界中で一番面白い書籍って説明書だからね」(土田)

 

 

まとめ:最新技術を身近で味わえるのが家電!



……という名言も、昔家電芸人がおっしゃっていました。

そう考えると、ワクワクしてきます!

ただお値段はやっぱり気になるところですが……。

新しい家電で心機一転、生活をスタートさせるのも良いですね!

 

それでは!

 

 - ドラマ・アニメ・番組・映画, 面白ネタ・雑学系, 生活・本・アート