生活・本・アート

ワーケーションとは?意味や定義・ノマドとの違いについても

2020年7月現在も日本で流行している「新型コロナウイルス」。新しいライフスタイルが確立されているなかで「ワーケーション」という単語を見聞きするようになりました。

ワーケーションとは一体なんなのか?意味や定義、またコロナ禍以前から注目されていた「ノマド」との違いについてもまとめました。

 

ワーケーションとは?

ワーケーションの意味や定義

ワーケーションの意味は

「旅行・観光をしながら、リモートワーク等で仕事もすること」

を意味しています。

 

旅行先で休暇を楽しみながら仕事にも取り組む新しいスタイルを「ワーケーション」という言葉で表現しています。

国では「ワーケーションの整備などを支援する」と語っているようです。

 

つまり、

  • 旅行先で仕事をする
  • 旅行しながらリモートワークで業務をこなす

という、旅行(観光)と仕事の両立化を指しているといえます。

 

 

具体的なワーケーションの実例

  • 飛行機・新幹線移動中に、ノートパソコンで業務をこなす
  • 旅館で家族が温泉につかっている間、客室でリモートワークをする
  • 広々とした沖縄の海を背景にZoom会議に参加する
  • 自宅でのリモートワークが飽きてきたので、遠方に出かけて、カフェやホテルのロビー・宿泊場所で仕事をする

ワーケーションの単語・語源

work(ワーク)とvacation(バケーション)を合体させた単語

ワーケーションは、まさに

work(ワーク、仕事・業務)

vacation(バケーション、余暇・旅行)

を組み合わせた造語です。

 

ワーケーションの単語・意味が生まれた&流行の背景

GoToキャンペーンを国民に利用してほしいから?

ワーケーションとノマドの違いは何?

旅行が伴うかどうか?の違い

休暇と仕事の境目の違い?

ワーケーションは「余暇を楽しみながら仕事をする」という相反する2つを混在させなくてはいけません。ですが、国がGoToキャンペーンを推しまくっている背景があるため、基本的には「余暇・休日・旅行ありき」でのリモートワークになります。

 

対してノマドは「働くことありき」で場所を選ばない=自分が最高のパフォーマンス・コスパを出せる場所で自由に働くこと、モチベーションをコントロールするための場所選び、といったことを指していることが多いです。

 

ワーケーションとは何?意味や単語に対するネットの声

開口一番に思ったのが「余暇と仕事の境目がない旅行なんてどうなの?」です。

結局、旅行ありきの「リモートワーク」=仕事なので、労働者・雇用者、どちらからみても対費用効果が悪すぎるように思うのですが・・・

 

変なワードを考え出した!

和製英語・造語で定着しないダサさがあるのでは?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。