生活・本・アート

岩手の方言「おいしい」は何と言う?発言・発音についても

岩手の方言で「おいしい」とは何というのか?

実は岩手の方言=岩手弁とそのままいえることがなく…土地が広いので各地域で方言・ニュアンスが違ってきます。

そのあたりも踏まえて、岩手の方言で「おいしい」はどう表現するのかをまとめていきます。

 

岩手の方言「おいしい」は何と言う?

んめ・んめぇがすと

岩手の方言で「おいしい」は

 

「んめ」

「んめぇ」

 

と言います。

 

「おいしい」を意味する、うまい(美味い)が訛って「んめ」という方言になったようです。

 

岩手の方言「おいしい」を何と言うか?実用編

岩手の方言「おいしい」実用編

「おいしい」=「んめ」または「んめぇ」なので

 

「んめ!」=おいしい!うまい!

「んめぇなぁ」=おいしいなぁ

 

また「んめぇがすと」は「おいしいですね」「おいしいですよね」といった、丁寧さ、同調した意味になります。

岩手の方言「おいしい」は岩手県全共通?

おいしいを意味する「んめ!」は、岩手県内どこでも通じます。

ただし「んめぇでがんす」といった「がんす」は岩手県の南部では馴染みのある言い方ですが、盛岡弁はじめ北部では馴染みが薄れます。

「んめっけよ」といった「け」をつける言い方も岩手県全般的な方言・訛りです。より馴染み深いのは内陸部での言い方です。

まとめ:岩手弁と一概に言えない岩手の方言

岩手県内各地に方言がありますが、メジャーなところで「盛岡弁」「宮古弁」があります。

また、岩手は主に南部藩と伊達藩で領土が分かれていた歴史もあるので、南部藩よりの方言(岩手県内陸部)、伊達藩よりの方言(沿岸部)でニュアンスが若干変わっていたりします。

岩手の方言=岩手弁とはならない部分もあるので、分かる範囲内で岩手全土で通じるのか等もまとめていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。