面白ネタ・雑学系

香水の付け方【名刺編】香り付けの方法は?

名刺に香水をほどよく香るようにつける方法をまとめました。

香水の付け方〜名刺編

香水をふきつけた紙を名刺と一緒にしておく

名刺と同じくらいの大きさの紙に香水を吹き付けて、名刺と一緒に名刺入れ等にいれておきます。

自然と香りが名刺に移り、ほのかに香る名刺になります。

 

名刺全体に香水をふりかける

名刺の束の側面(切り口)を上にして、離したところから香水をふりかけます。

 

 

 

香水を名刺に直接ふりかけるのはおすすめできない…

確実に名刺に香りをつけるのであれば、名刺そのものに香水をふりかけることが手っ取り早いのですが、あまりおすすめはできません。

理由は2つあります。

  • 匂いがきつくなる
  • 名刺の紙が変色する可能性

名刺に香りが付きすぎると相手に不快な思いを与えてしまう可能性があります。

また名刺の紙質次第では、香水を含みやすいかどうかもだけでなく、香水=液体をふきかけることで名刺が変色したりシミになることも…

香水自体に色がついてなくても化学反応でシミになったりしますし、自宅のインクジェットプリンターで作った名刺ならインクにじみの原因にもなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。