生活・本・アート

【猫には推理がよく似合う】ネタバレと犯人・真相は?猫の正体についても

ミステリー好きと猫好きにおすすめの小説「猫には推理がよく似合う」(深木章子)。読む時間がない…読んだけど内容がちんぷんかんぷん…と思ってしまった人のために、ネタバレや真相、犯人としゃべる猫の正体についてまとめました。

ミステリー小説「猫には推理がよく似合う」について

「猫には推理がよく似合う」あらすじ

とある弁護士事務所に勤める花織は、先生に寄せられる依頼を盗み聞きしては、“おしゃべりする猫”のスコティと噂話に花を咲かせていた。ある日、愛らしく気高くちょっと生意気なスコティが、推理合戦を仕掛けてくる。「もしいま先生が殺されて、金庫の中身が盗まれたら、犯人は誰だと思う?」。金庫に入っているのは、5カラットのダイヤ、資産家の遺言書、失踪人の詫び状、12通の不渡り手形。怪しい依頼人たちを容疑者に、あれこれと妄想を膨らますふたり(1人と1匹)だったが、なぜか事件が本当に起きてしまい―。現実の事件と、謎解きに興じる“しゃべる猫”の真実は?ミステリ界注目の気鋭による、猫愛あふれる本格推理。

引用:Amazon

【猫には推理がよく似合う】主な登場人物

椿花織(つばきかおり)

田沼清吉法律事務所の事務員。

友人からの紹介で「猫の世話ができる」ということで採用された。

内気な女性。

田沼清吉(たぬませいきち)

敏腕の弁護士だったが、妻に先立たれてからは近隣住人たちの相談といった人情派な面もある弁護士の仕事が中心に。

職場で妻の愛猫「ひょう太」を飼っている。

 

ひょう太(スコッティ)

弁護士先生の妻が飼っていた猫。

その正体は人間の言葉を話す推理好きな猫で、このことは椿花織だけが知っているようだ。

ちなみに椿花織は勝手に猫のことを「スコッティ」と呼んでいる。作品前半の語りは椿花織視点のため、ストーリー内のほとんどが猫のことを「スコッティ」で話が進んでいく。

睦木弁護士(むつきべんごし)

イソ弁時代に田沼のもとでお世話になっていた女性で、現在は刑事事件専門・敏腕弁護士として活躍している。

「猫には推理がよく似合う」ネタバレ結末

以下、ネタバレになりますので覚悟の上読み進めてください。

【猫には推理がよく似合う】犯人は?

リアルな世界での事件の犯人はエスケイ工業の澤です。

初めて事務所に来た時に盗聴器を事務所内に仕込み、金庫の中にダイヤモンドがあると知り犯行におよびます。

事務所内にいた椿を殴り犯行におよびますが、気がついた椿はなぜか殴った犯人を「五十嵐一美(田沼の姪)」と発言(妄想癖・統合失調症のせい)、自分は疑われていないと安心して第一発見者を装って救急車を呼びました。

犯行の動機は猫の多頭飼いおよび猫の病気の治療費欲しさなのでは…となっています。

 

椿花織の妄想癖・統合失調症は椿花織の手記からも立証されていて、あわやダイヤモンド盗難の犯人は椿花織で自作自演ーーと思われていたところ、第一発見者として対処した澤の猫発言から矛盾をみつけた睦木弁護士が上記のような真相を見破ります。

【猫には推理がよく似合う】結末と真相

菅山さんの離婚騒動と指輪=奥さんが不倫相手からもらったダイヤの指輪(離婚と財産の奪い合い)

池島家の遺産相続問題=池島家の伯父の遺言書(全額寄付の内容に遺産目当ての親族が激怒)

エスケイ工業の経理・横領疑惑=元経理の手紙や横領に関する資料(車内派閥闘争が絡む資料)

……が田沼清吉法律事務所の金庫の中におさめられていました。

 

時を同じくしてスコティが現実のこれらの相談事と田沼法律事務所をモデルにした「推理小説」を椿花織に披露していますがーー実はこれは椿花織の妄想が生み出したものです。

さらに椿の妄想癖のために前半部分の語りの中に一部妄想が入り混じっていました(猫は実際に外出していない、澤にスコティの名前を教えていない等)

こうした事情の中から、エスケイ工業関連で事務所を出入りしていた澤が「事務所にダイヤがある」ことを知って強盗に入りました。

妄想でスコティ作「田沼法律事務所の事件」をスコティと議論して、妄想の中で「犯人は花織たん」と言われ、現実と妄想が混濁した中、ちょうどのタイミングで澤に頭を殴られています。

 

ちなみにですが、前半3件のこれら「相談事」に関しては一切解決しないまま終わっています。とりあえず「菅山さんの離婚騒動」に関しては元サヤに収まった…ので一応解決してます。

【猫には推理がよく似合う】猫の正体は?

実際には普通の猫で「しゃべるし推理できる頭の良い猫」というのは椿花織の妄想が生んだものでした。

ただ、最後のほうで睦木弁護士は、猫のひょう太につい「スコティ?」と声を掛けてしまい、その後に「ねえ、花織タンはどうしてるの?」というスコティ(ひょう太)の声を聞いたような気がします。

猫に関してだけは、椿花織の妄想では片付けられないのかも…という淡い期待をもたせた終わり方になっています。

 

まとめ:猫には推理がよく似合うと思いますほんと。

猫の思慮深いような風貌、気まぐれさや自由さから醸し出される雰囲気から、たしかに推理がよく似合うのかも…という考えは賛同できます笑

ただ個人的に妄想オチなのか…といった残念感は否めませんが(^^;

ちょっとした入れ子構造にもなっているため(妄想と現実、妄想で猫が作った事件と現実の事件)混乱しやすいのですが、結構直感で「こいつ怪しい!犯人じゃないの?」はわかりやすかったですね…それでは!

補足:猫が主人公のミステリー小説おすすめ作品

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。