全記事

【羊とオオカミの恋と殺人】結末ラストは?主人公が死亡・殺されるかどうかも

2019年11月30日公開の映画「羊とオオカミの恋と殺人」。ラストはどうなるのか?結末をまとめました。

映画「羊とオオカミの恋と殺人」について

原作は漫画「穴殺人」

映画「羊と狼の恋と殺人」は原作マンガ「穴殺人」を元に制作されています。

殺人鬼ヒロイン・宮市を福原遥さんが演じていて、原作のセクシーさと残忍さを併せ持った容貌・演技は見ている人をも「福原遥になら何されてもよい…」と思わせてしまっているようです。

「羊とオオカミの恋と殺人」登場人物

主人公:黒須(杉野遥亮)

ヒロイン:宮市(福原遥)

ヒロインの理解者?:延命寺玲奈

宮市の理解者・死体の隠蔽を担当

映画「羊とオオカミの恋と殺人」の結末・ラストは?(ネタバレ含む)

最終的に、黒須は宮市にキスをした直後にカッターナイフで刺されます。

宮市は

「今まで殺した中で一番興奮した」

と語り、自分が愛している人を殺すことに快感を覚えます。

その後、宮市は日常の生活へと戻ります…

映画「羊とオオカミの恋と殺人」主人公死亡?殺された?

宮市が日常の生活へと戻るそばに、黒須がやってきます。

黒須は死んではいません。

宮市は黒須を刺したものの、致命傷は与えませんでした。

宮市は人を殺すのを辞めました。

お互いの下の名前を言い合い握手をします。

 

結末としては一応「ハッピーエンド」です。

映画「羊とオオカミの恋と殺人」あらすじ・ストーリーネタバレ

黒須はヒロインの殺人癖を反対

黒須は普通の道徳観を持っている主人公。

宮市の殺人行為についてはもちろん反対の気持ちがあります。

はじめは人としての反対でしたが、徐々に反対には「宮市が捕まること、宮市自身の命が危険にさらされること」両方が含まれていったように思えます。

黒須と宮市の交際

宮市の殺人現場を目撃した黒須。目撃された宮市は殺人癖(性癖)があるのでもちろん黒須を殺そうとします。

しかし、宮市の「死ぬ前に何がしたい?」の問いかけに黒須は「付き合いたい」と答えたことがきっかけで黒須の殺人は未遂に終わり、2人は交際を開始します。

連続殺人鬼状態の宮市と大反対する黒須

黒須&宮市は交際をするものの、宮市はお構いなしに殺人を犯していきます。

黒須は黙認状態だったのですが、転機が訪れます。

黒須と同じマンションの住人で会話をするなど関わりがあった人を、宮市は殺します。

交際を経て、黒須は宮市に殺人を止めるようにと、キツく言いぶつかり合うようになります。

暴力団からの脅迫と宮市

宮市の殺人癖で殺した男性が、暴力団関係の人間だったことが判明。

暴力団は宮市に、自分たちの敵対グループを殺すように脅迫します。

「殺人を警察にバラす」では動じなかった宮市ですが、「黒須を殺す」という脅迫には動揺する宮市。

その数日後、黒須は暴力団のアジトにさらわれて負傷。宮市は要求どおりに相手を殺すことに。

殺人を命がけで阻止する黒須と命がけで愛する宮市

黒須は宮市に殺人をしてほしくないためにアジトに先回りして暴力団と対決。

勝てるわけもなくボコボコにされます。

次の瞬間、アジトに催涙ガスが投げ込まれ、宮市登場。

暴力団を切り倒し、最後に宮市と黒須は2人きり状態、黒須が宮市にキスをしました。

 

黒須が目線を下へとやると、黒須の腹部にはカッターが刺さっていました。

刺したのは宮市。

「今まで殺した中で一番興奮した」

その後の宮市は…

何気ない日常シーン。

宮市が延命寺玲奈に部屋の掃除をお願いしていると、後ろから松葉杖をついた黒須がやってきます。

黒須は死んではいませんでした。

宮市は黒須を刺したものの、致命傷は与えませんでした。

宮市は人を殺すのを辞めました。

お互いの下の名前を言い合い握手をします。

 

結末としては一応「ハッピーエンド」です。

黒須は死んではいません。
予告では刺されていますが、致命傷になるような傷ではありませんでした。

映画「羊とオオカミの恋と殺人」の結末・ラストにオチがない理由

結局、宮市は黒須を殺さずに2人でハッピーエンドを迎えているものの、どうにもすっとしない結末と思った人もいるかもしれません。

なぜなのかをまとめました。

原作マンガの序盤・設定のみでリメイクしたから

映画「羊とオオカミの恋と殺人」は原作マンガの全ストーリーをまとめたものではありません。いくつかの大きな区切りがあります。

原作では主人公・黒須は宮市と結婚したり、最終的に闇落ち状態で、逆に宮市を殺してしまったかと思えば……というような超絶展開がなされています。

映画「羊とオオカミの恋と殺人」はだいぶソフトな表現に落ち着いたなあといった印象があります。

映画「羊とオオカミの恋と殺人」の原作を読むのにおすすめ

U-NEXT(ユーネクスト)では映画・ドラマだけではなく電子書籍・マンガも膨大に取り扱っています。穴殺人全8巻を読みながら、他の電子書籍・映像もたのしめるのでお得!

初月無料特典もあるうえに、月額2000円もしないのでマンガ本5巻分以上読む人などは元がとれる状態ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。