面白ネタ・雑学系

江戸時代の浮世絵師で100回近く引っ越した人物は?ペルソナ5R学校・授業の問題

江戸時代の浮世絵師で百回近く引っ越した人物は?

1日に3回も引っ越した逸話のある浮世絵師

答え:葛飾北斎

葛飾北斎は引っ越し癖だけではなく、改名癖もあり、生涯で30回も画号を変えていたという。

また北斎の興味は絵のみ。着物は常にボロボロ、部屋も汚れっぱなしの貧乏生活だったそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。