色々な話題をはさみます。

森村誠一サスペンスおくのほそ道迷宮紀行ネタバレ!原作と真犯人は的場浩司?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SponsorLink

森村誠一サスペンス「おくのほそ道迷宮紀行」についてネタバレ感想等書いていきます!

 

 

森村誠一サスペンス「おくのほそ道迷宮紀行」のあらすじ

 

月岡かさね(清水ミチコ)が主催する俳句の会に参加していた刑事の幸村あかり(松下由樹)は、パトカーのサイレン音に気づき、近くのホテルに急行した。ホテルの女性客が死体となって発見されたのだ。すでに那須猛(中村梅雀)と第二強行犯捜査第四係(通称:那須班)のメンバーが捜査を始めていた。あかりは翌日から那須班に配属されることが決まっており、捜査に合流する。

被害者は、平泉にある老舗旅館の女将・日高晴子(片岡礼子)だった。晴子の夫・耕一(阿南健治)が身元確認のために平泉から上京。悲しみに暮れる中、国会議員の小松原正之(西郷輝彦)が突然やってくる。小松原は耕一に有無を言わせず、自分が晴子の遺体を平泉に連れて帰ると決めてしまう。

晴子の手帳には旅館の経営に悩んでいたことが綴られており、自殺と思われたが、その後の捜査会議で、那須は司法解剖や現場の状況から他殺であると推理する。そこへあかりが、晴子の手帳に「夏草や水脈たどり逢ふ夢の跡」という、松尾芭蕉の句に自分の心情を重ねて被害者が詠んだ俳句が気になったと発言。全てを明らかにするには平泉に行くしかない。那須とあかりは現地に向かう。

平泉では、小松原の秘書・橋口則夫(黄川田将也)が二人を迎える。橋口は、小松原と晴子は師弟関係にあったと語る。岩手の未来を担う若手経営者として小松原は晴子に期待していたという。

晴子が女将を務めていた旅館を訪ねると、仲居頭の藤原きよ(ふせえり)は、晴子が取り引きのある造り酒屋・針生酒造とトラブルを抱えていたと証言する。針生酒造は創業100年という老舗ながら、長男の針生俊司(的場浩司)は家を出て漁労についており、次男の敏彦(斉藤陽一郎)と三男の省吾(尾上寛之)が跡継ぎをめぐって争っていた。

捜査が進むにつれ晴子と針生家、そして小松原のつながりが明らかになる。あかりは酒造の関係者を事件のあったホテルで見かけたことを思い出すがその人物も殺害される。同一人物による凶行なのか?
ひらめいたことをすぐ口にするあかり。冷静に現場を眺めて合理的に真実を見抜こうとする那須。捜査手法の違いはあるが互いを認めている二人。はたして、事件の真相に辿りつくことができるのか?

SponsorLink

ドラマ「おくのほそ道迷宮紀行」登場人物

那須 猛:中村梅雀

幸村あかり:松下由樹

針生満代:長谷川稀世
針生敏彦:斉藤陽一郎
針生省吾:尾上寛之
宮沢ひろみ:田上 唯

日高耕一:阿南健治
日高晴子:片岡礼子
藤原きよ:ふせえり

月岡かさね:清水ミチコ
朗善:ローゼン千津

新井良介:渋谷謙人
青木純子:下 あすみ
長田雄二:寺井文孝
及川大輝:吉田智則

橋口則夫:黄川田将也

針生俊司:的場浩司(特別出演)

小松原正之:西郷輝彦

 

「おくのほそ道迷宮紀行」の原作は?

森村誠一サスペンス「おくのほそみち迷宮紀行」の原作本ですが、同名の作品がありません。

実は森村誠一氏が執筆した2冊の本を合体&アレンジしたものと考えられます!

芭蕉の杖跡 おくのほそ道新紀行

芭蕉の杖跡 おくのほそ道新紀行(Amazone)

元禄2(1689)年、全行程2400kmに及ぶ「おくのほそ道」の旅に出た松尾芭蕉。そして300年余りを経た現在、ミステリー小説の巨匠であり、“写真俳句”で俳句の新たな可能性を追求する森村誠一が「蕉跡」を追う。芭蕉の時代、東日本大震災以降と何が変わり、何が変わらなかったのか。

森村誠一さんは多くの推理小説を出しているのですが、貴重な「紀行」本となっています!!

地図を追っての単なる紀行文ではなく、森村さん自身の句を数多く掲載。濃い内容で充実した紀行文が続きいていて、芭蕉の辿った道と重ねて楽しめます。

知る人ぞ知る、森村誠一ファンとしても貴重な1冊となっています。

 

しかしこちらは、芭蕉についての紀行文……では一体、原作は……?

 

 

原作は「生前情交痕跡あり」

 

Amazonではこちら!

生前情交痕跡あり (角川文庫) 

野々村省吾はワンマン社長とその三女である奔放な妻に隷従を強いられる屈辱的な日々を送っていたが、ある夜ひろみという魅力的な少女と出会いホテルで関係を持つ。

ところが翌日同ホテルで熱海の旅館の女将日高晴子が死体で発見され、刑事から晴子の不倫の相手である同伴者が野々村の名を騙っていたことを知らされ、彼は驚愕する。

一方、晴子が不倫の相手から置き去りにされたことで、夫の耕一は屈辱を感じながらもその男を突き止めようと決心して野々村を訪問する。

唯一の証人であるひろみの変死により再び窮地にたった野々村は日高と共同戦線を張ることにした。

やがて大物代義士の秘書橋口則夫の名が浮上してくるが―。

なんだか、タイトルがエロスかもしだしていますが(汗

こちらが原作と思われる作品です。

旅館の女将・日高晴子、その夫・耕一の名前が、ドラマ版の被害者とその夫と一致!

 

SponsorLink

ドラマ「おくのほそ道迷宮紀行」のネタバレと真犯人は?

真犯人を早速ネタバレ!

 

 

原作での犯人は……

 

 

橋口則夫(黄川田将也)です!!

 

 

決め手にかける証拠がなかなか上がらなかったものの、逮捕、検察の手に委ねられます。

第二の被害者・宮沢ひろみ(田上 唯)が生前または死後落とした手紙に決定的な目撃場面(男の人が女性を介抱するふりをしてホテルの部屋に連れ込んだ……)にを書きしたためていた……のちに、男女の正体を知ってしまい、橋口が殺害。

山中に宮沢ひろみの死体を埋める際に、手紙を落としたとみられています。

この手紙が決定的な証拠となり、有罪となります。

 

 

がしかし!

小松原正之が、秘書の橋口則夫を人柱に立てて、無傷のままで逃げていた……

黒幕は小松原正之。

 

殺人の罪まで引き受けた橋口の忠誠心……

 

しかしながら、秘書の不祥事は総選挙に響き、小松原正之は落選。

大物の落選によって、党の派閥地図は大幅に塗り替えられた……。

SponsorLink

 

岩手のロケ地情報!

(後日アップします)

 

いわて蔵ビール「徳蔵Cafe」

 

 

 

恋し浜駅(小石浜)

 

 

 

岩手銘醸(株)

奥州市前沢

 

 

 

ちなみにですが、岩手には良い旅館、古き良き老舗から大手酒造、数多くあります。

旅館や酒造を用いた脚本になるのもうなずける話ですが、もちろんドラマでの人間模様等は全くフィクションです!

 

 

ドラマ「おくのほそ道迷宮紀行」の感想!

水と油のダブル主人公!

論理的で冷徹にみえる那須 猛(中村梅雀)。

直感的で情に厚い幸村あかり(松下由樹)。

 

どちらも捜査方法・手腕は全く別物ですが、どちらも確信ばかりをついて、本質を浮き彫りにしていく感じが面白い!

 

ドラマではオリジナル要素をたんまり盛り込んだ話にビックリでした。

 

個人的に一番の驚きは「小松原先生」のポジション。

 

あと的場浩司さん、岩手なまり大健闘でした!!

 

 

 

まとめ:森村誠一サスペンスは脚本家アレンジがすごい!

いかがでしたでしょうか?

ドラマ小松原先生が序盤からめちゃくちゃ怪しいですが(笑

 

 

原作では……(苦笑

 

 

ちなみに原作では牛尾刑事が大活躍、ドラマの主人公である那須猛(中村梅雀)と幸村あかり(松下由樹)は、全くのオリジナルなんです!

 

原作に岩手と芭蕉を盛り込んでここまでの大ボリュームの作品にした脚本家・番組スタッフの力量がスゴイと思いました……!!

 

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© みかんと傘とコッペパン。 , 2018 All Rights Reserved.