ドラマ・アニメ・番組・映画

サマーウォーズ栄おばあちゃん名言集!陣内栄セリフ一覧

 

 

栄おばあちゃん名言集

 

この投稿をInstagramで見る

 

山浦和徳さん(@ozuyama)がシェアした投稿

「いちばんいけないのはおなかがすいていることと、独りでいることだから」

一番有名な、栄おばあちゃんの名言です。

 

これはあれだね、まるで敵に攻め込まれてるみたいじゃないか。下手をしたら死人が出るかもだね。

栄おばあちゃん名言というよりは、栄おばあちゃんの聡明さ、判断と直感の鋭さが垣間見えるセリフです。

 

「あんたなら出来る。出来るって。そうだよ!その意気だよ!」

 

この投稿をInstagramで見る

 

茅ヶ崎の竜さんさん(@ryu_nagayama)がシェアした投稿

諦めなさんな。諦めないことが肝心だよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuka Ishiguro(Kawanishi)さん(@quill0630)がシェアした投稿

まあ、まずは落ち着きなさい。人間、落ち着きが肝心だよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chitoseさん(@richi0227)がシェアした投稿

日本中が混乱のさなか、栄おばあちゃんは電話でさまざまな人達を励ましました。

その中でのセリフです。

親戚、栄おばあちゃんの知り合いは、この言葉を聞いて受けて、どれだけ自信と励みになったでしょう。

あなたなら、できる!

それは「あなたを信じている、あなたにはその力がある」と後押ししてくれる言葉です。

私達もまわりの人たちに勇気を与えたい時に使っていきたい言葉です。

何千、何万って人が困ってる。ここで頑張らないでいつ頑張るんだい!

栄おばあちゃんはこの電話のさなか、他にもいくつもの励みの言葉を向けています。

くじけていないで一件でも多くのお年寄りを訪問するんだ、いいね。

 

邦彦、へこたれんじゃないよ。意地を見せな。

 

いいかい、克彦、これは戦だよ、私もなんとかしてみるから。

あなただけじゃない、私も一緒になんとかするから!

ともに戦場でふんばろうという呼びかけにも聞こえるセリフです。

 

カンちゃん、栄です。ノリちゃんの葬式以来だね。
ところで、同じ武田家家臣のよしみできくんだけど、国土交通省はどんな手をうってるんだい?なに?今やろうと思ってた?ふざけんじゃないよ!

 

そめやん、引退した人でもかまわない。
一人でもおおくの医療関係者に呼びかけて、消防庁に協力してほしいんだ。
あんたんとこのバカ息子のNPOが、世の中に役に立つチャンスだよ。

 

イイトミさん、大事なのは昔のように、人と人とが声をかけあってコミュニケーションをとること、それを一番わかってるのはあんたじゃないか。

 

センさん、あんたの決断にかかってるんだ。
そりゃ確かに人手はかかる。
けど人の命にはかえられないだろ。

 

これはあんたにしかできないことなんだ。

 

栄おばあちゃんは、電話の相手の名前を必ず呼んでいます。

電話相手は1対1、わざわざ相手の名前を呼ばなくても「あなたに言っているの!」って分かるのに、栄おばあちゃんは、相手の名前・愛称をしっかり呼んでいます。

アニメ上の演出といえばそれまでですが、こうしたところにも、栄おばあちゃんが、相手のことをどれだけ思っているのか、本心を伝えているのか、垣間見えるセリフたちです。

あんたをぶん殴ったのは半世紀も前のことじゃないか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

美月さん(@mizukichi_25)がシェアした投稿

これは名言にするかどうか迷ったのですが…

このセリフ、栄おばあちゃんの昔っからの勝ち気の良さとともに

「殴った相手のことは忘れてはいない、自分のしでかしたことはちゃんと覚えている」

という潔いセリフでもあります。

(でも、多分、栄おばあちゃんは正当な理由で殴ったのでしょうね…^^;)

 

「家族同士で手を離さぬように、人生に負けないように、もし、辛い時や苦しい時があっても、いつもと変わらず、家族みんな揃って、ご飯を食べること」

栄おばあちゃんの遺言の一文です。

最後まで家族思いな栄おばあちゃん。

そして、「家族みんな揃って、ご飯を食べる」という、当たり前でありながらも現代では難しくもなっている日常の幸せを説いています。

陣内家の家訓・教訓になる言葉です。

 

私はあんたたちがいたおかげで、たいへん幸せでした。

こんなことをいえるおばあちゃんの人生は本当に充実していたのだろうと思えてしまう名言です。

栄おばあちゃんの本心ながら、周りの人たちも幸せになれる言葉ですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。