ビジネス・啓発系

転職40代はやめた方がいい?退職後になんとかなる人と失敗する人の違いは?

仕事・職場で「今の会社でいいのか…」と思い転職・退職を考えた時、特に気になるのは年齡です。スキルや能力と違い、自分の力でどうにもならないのが「年齡」だからです。

転職の場合、40代以上は「辞めたい」「仕事から逃げたい」と思っても、若い時と違い、仕事での責任や結婚でパートナーの人生を、人によっては親の介護など、何かと背負っているものがあり、勢いや「なんとかなる」「次の仕事が決まってないけど辞める」といった決断はし難いものです。

そのため40代以上は特に転職失敗を怖れて動けなくなり『40代で転職はやめた方がいいのでは…』と思う人も多いのが現実です。

実際に転職は40代ではやめた方がいいのか?また40代でも退職後になんとかなる人、そうでない人、転職が失敗してしまう人は何が違うのか?といったことをまとめてみました。

転職40代はやめた方がいい?

はじめに結論としてお伝えしておくと「40代での転職の現実はかなり厳しいので、情報に伴った計画性と実践力を踏まえてみてみると『やめた方がいい』という場合が多い」です。

なぜ40代の転職の現実がかなり厳しいかというと、求人・採用側とのミスマッチが多いからです。

40代以上は特に不利な要素が多いです。ミスマッチの要因となる点…転職において企業側に見られる部分や不利な点・気になる点をまとめました。

40代を求める会社はない?年齡の不利さ

ミスマッチの中でも大きいのが「年齡」になります。

求人情報には年齢不問となっていても、真に欲しい年齢層というのがあったりします。

厳しいですが、中途採用で40代を求める企業・会社はほとんどありません。

まず年齡が40代というだけで転職・就職には大きな壁ができます。

さらに学歴・職業履歴などが普通程度であれば、あえて40代を求めている企業がほとんどないのが現実です。

また職種によってはどうしても体力勝負の仕事・現場もあるため、若い世代を優先して採用することも…。

自分ではどうにもならない部分で、少しずつ社会の風潮が変わってきたとはいえ、まだまだ「年齡の壁」があることは心がけておいたほうがよいです。

 

40代のスキル経験は重視されない?

大きなミスマッチとして「スキル・経験・能力」があります。

40代まで真面目に働いていれば身に付くスキル・能力・経験が有利に働くのでは?と思うかもしれませんが…ほぼ重視されないです。

第一に、先述した「40代」というだけで振り落とされたり見向きもされない可能性、

第二に、現時点の多くの企業・会社は、スキルがあると思しき今いる40代よりも、未経験の若い年代の将来性・大きく飛躍する可能性を買うからです。

「それでも自分はスキル・能力は高いんだ!」と自負する人はいますが…今いる会社で培ってきたスキル・能力が、他の企業・会社が欲するレベルかどうかは謎です。他業種はもちろんのこと、同業他社で通じるものだとしても会社規模で必要とされるレベルは異なります。

ただし資格に関しては取得難易度が高いもの(実務経験が必要等)で即実務・即戦力が求められる場合においては優位に働くこともあります。

年収について

ミスマッチの一つに年収もあります。

上記の「スキル能力」と絡み合う要因になりますが、これまで会社で普通に働いていた場合、キャリアが一気に無くなる状態です。この点を頭で理解していても、いざ転職活動となると自分が希望する年収と求人側が提示する額が見合わないといったことも多いです。

自己評価の「スキル・能力に見合った年収」と求人側が提示する年収・金額が大きくずれることが大半であることを考慮しましょう。

 

特に40代といった年代だと「マネジメント能力」といった経験値・経験則がものを言う部分を担って、ある程度の年収を築き上げてきた人もいるかもしれませんが…実際の求人・採用で「中間管理職」部分を求めるものはほとんどありません。

なぜなら同じ40代中間管理職の人たちは「40代での転職がいかに厳しいか」を現実的に受け止めているため自分のポジションを譲る気がない=辞めずに働き続けるため。

良いポジションほど空きがないため、40代の転職はなおのこと厳しいというのが現状です。

 

経済的・精神的負担

40代での転職となると、パートナーや子ども・両親の介護など自分以外に経済的に支える人がいる世代でもあります。

そういった意味で経済的負担は転職が成功するまで続きます。

さらに40代以降の転職は自分の想像以上に精神的負担がつきまといます。

先に挙げた経済的負担もその一因になりますが

  • 転職が決まるまでのプレッシャー
  • 身内など周囲および環境からのプレッシャー
  • 40代までに培ってきたプライドや価値観で自分自身が傷つく
  • 転職後の職場での新しい業務内容
  • 新しい職場での人間関係や仕事の成果

など…

特に男性は「おじさんが職安に出入りするのは恥ずかしこと」といった価値観を持っている人がまだまだ多いため、転職活動中に自分を情けなく思ったり周囲の目を気にしすぎて精神的に病んでしまい、ますます転職が困難になってしまう人もいたりします。

仮に転職できたとしても、いざ働いてみたらミスマッチだった…といったことも…。

自分の想像以上のさまざまな不安が襲うこともあることを念頭にいれておきましょう。

 

40代退職後になんとかなる人と失敗する人の違いは?

ここまで「40代の転職は基本的に厳しいので難しい」とお伝えしてきましたが…とはいえ、40代の転職で実際に成功している人や「なんとかなる」と退職した後に新しい職場で頑張って働いている人はいます。

では40代転職で「なんとかなる人」と「失敗してしまう人」の違いは何でしょうか?

40代で退職後・転職が失敗する人の特徴

  • 無計画に勢いだけで退職する人
  • 現実を知らなすぎる人
  • 「なんとかなる」といったポジティブな言葉をそのまま鵜呑みにする人

現実的に、勢いだけでなんとかなるのは20~30代前半まで。

30代後半から40代以上は「なんとかなる」という勢いだけではなんともならないのはここまで説明してきたとおりです。現状はそんなに甘くありません。

先に紹介した40代の転職に関する不安要素を全く考えずに「なんとかなるさ」のみでの転職や、怒りに任せた退職および転職は正直あまりおすすめできません。

 

40代退職後・転職がなんとかなる人との違いは?

「退職してもなんとかなるさ」は、40代以上は非常に厳しいです。

それでも40代でも「なんとかなる」で転職・成功をしている人がいますが、そもそも論として、「なんとかなる」の基準が、成功する人・失敗する人では基準が圧倒的に違います。

転職で成功している人の「なんとかなるさ」は

  • 転職に必要な「本当の情報」を的確に網羅している
  • 退職前に事前に就職先を決定している
  • 起業、事業計画などを用意周到に準備し行っている
  • 不労所得・副業などで必要最低限の収入を確保している
  • 最低限の生活レベルに陥る覚悟を決めて実践できる人
  • あらゆる価値観を受け入れたり捨てることができる人

といった、「なんとかなる」下準備と根拠が現実的にある人だったり、最悪転職が失敗しても地べたを這ってでも何でも働くことも視野に入れている現実を踏まえて実践できる人だったりします。

40代転職「なんとかなる人」成功した人がやっていることは?

40代転職で成功する人の共通点

40代転職を成功させている人の共通点、傾向として

  • 現状を知ることで転職の際のミスマッチを避ける
  • 最新の情報およびリサーチ
  • 現状と情報に基づき「やれることはどんなことでもすべてやる」実践力

の3つが挙げられます。

とはいえ、この3つを普段の仕事・業務をこなしながら全て自力で行うのは大変…。

そこで転職を成功に導く情報を網羅した情報サイトをご紹介します。

40代転職の体験談・リアルな情報

転職を考え始めた時、まずは「実際に転職した人の体験談」がとても参考になります。

みんなの転職「体験談」。20代、30代、40代、50代の転職ストーリー

のサイトでは、20代~50代までの様々な転職体験ストーリーを赤裸々に紹介しています。転職に至った経緯やその後の変化をリアルに感じられ、これからの生きるヒントにもなる内容になっています。

特に40代の転職体験談は、転職前後に感じた心の葛藤や悩み、転職後の苦労や喜びといった生の声が掲載されています。

どれくらいリアルで生の声なのかというと…「転職に成功した!」という体験談だけでなく、「転職したけど成功といえないかも」「転職は失敗だった…」という体験談もあるところ。

さらに最新の転職の現状を各年代ごと『40代の転職』に特化してまとめられている点も情報として最大限に活用できます!

各年代ごとの課題や問題点に対する対処方法なども掲載されているので、体験談の内容とともに、まさに「今の自分に活用できる転職ノウハウ」がまとめられているサイトです。

40代の転職で特に大事なのが「ミスマッチをなくすこと」そして「最新の転職情報および実際に転職した人たちの現状を知ること」。

ぜひみんなの転職「体験談」。20代、30代、40代、50代の転職ストーリーを活用してみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!