MENU

あつ森景観参考まとめ!レイアウト&簡単に作れる風景なども

  • URLをコピーしました!

『あつまれ!どうぶつの森』(通称:あつ森)はNintendo Switchの人気ゲーム作品のひとつ。

島を自分好みにレイアウトしたりカスタマイズしていくのが楽しいですよね!

でも自分ではなかなかうまくできない…上手な人の島を真似てみてもイマイチ…ということはよくありますよね。

そこで、いろんな人の島を参考にしながら実際にプレイしてみた体験とともに、あつ森の景観の参考になるようなプレイ画像『初心者の自分でもできた!』という自分の島のレイアウトを抜粋してまとめてみました。

参考にしていただけたら嬉しいです!

 

目次

あつ森景観参考まとめ!ベンチ編

森の中の待合所・休憩スペース

視界を広くしたいけど、スペースが空きすぎてイマイチ…という場合には、木を切って切り株を残しておくと風情が出るのでオススメですよ!

 

遺跡・お城風のベンチ休憩スペース

サイロを並べ得ることでお城の塔のような雰囲気をつくることができます!

高さもあるアイテムなので、木と合わせると背景を隠して一角を映えスポットとして活用することも可能に。

 

崖下のベンチ休憩スペースの風景

切り出した崖が露骨に見えた状態だと景観が良くない…という場合には、植物を植えたり柵とベンチを組み合わせて、休憩スペースを作るのがオススメです。

道をつくっておくことで、住民たちもたまに座ってくれたりします。

広場の入り口にするとなおのこと良い景観が作れたりしますよ!

上の角度から眺めた様子です。

特に飛行場と広場が近い島にはオススメの景観・レイアウトになります。

飛行機からの眺めも最高に映える、崖下のベンチ休憩スペースはぜひオススメです!

あつ森景観参考まとめ!

お花畑

島の開拓でどうするかを決めてない場所に、お花をグラデーションのように埋めておくだけで

撮影で映えるよう、奥行を考慮すると横15~17マス、縦10~13マスのスペースで敷き詰めると、画角いっぱいにお花で埋めることができます。

また、お花畑を作る利点としては、フーコイベント(夜の流れ星)の時に見晴らしが良い&撮影がバッチリ決まること!

平地でもよいですが、崖2段目あたりに作ると背景を気にしなくて良いのと開放的な空間がつくれるのでオススメ!

 

あつ森景観参考まとめ!自宅&住民の家周辺

崖の上の自宅

崖から2~4マス程度と近い場所に家を建てると奥行のある構図でフォトスポットになるような景観を作ることができます。

家の脇のほうも崖・谷を作り、通れる道を作り、住民たちが散歩してくる様子を見るのがなんともカワイイんです!

 

あつ森景観参考まとめ!柵の活用編

手前は植物・奥に柵を設置する

島の各場所をつなげていくのに道・道路をつくる人も多いですが、両脇を柵でガッチリ固めてしまうと圧迫感を感じることも…

そういった時には、柵は奥側のみ、手前部分は植物で道を彩ってあげると見栄えと抜け感もある島の景観になります。

 

あつ森景観参考まとめは随時更新中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次