事件・政治・騒動

車の運転中の食事は違反?罰則・減点(違法)になるかどうかも

近年、車の運転中に「してはいけない行為」が増えています。スマホのながら運転などがそうです。

それでは、車の運転中の食事も「ながら運転」の一つとして違反・違法になるのでしょうか?

車の運転中の食事は違反?

まずは大前提として、なにかをしながら運転する”ながら運転”は非常に危険です。

安全運転義務違反になる場合がある

運転中は、食事に限らず「安全運転をする義務」というのがあります。

 

食べながら運転の罰則・減点は?

そのため、食べながら運転が著しく安全運転・運転操作に支障がある場合には「安全運転義務違反」となります。

基本的に

罰則・罰金は1万8000円

減点は「3点」です。

車の運転中の食事で違反となる場合の具体例

警察の運転取り締まりで「食事をしていて検挙された」という話はあまり聞くことはないかと思います。

しかしながら先に説明した通り、安全運転義務違反に触れる行為・危険運転の場合には未然に事故を防ぐために警察としても検挙する必要性が出てきます。

重大な安全運転義務違反に抵触する「食事行為」の具体例をまとめました。

両手がふさがる食事・行為は違反!実例まとめ

  • カップラーメンを食べる
  • 片手に皿、もう片手に箸を持ちながらの運転
  • 包装紙の開封などで注意散漫・安全なハンドル操作ができない状態が長時間続いた場合

まとめ:食べながら運転は事故らなければいいはNG!

例えば片手で一時的に飲み物を飲む、つまむ程度であれば、安全運転・運転操作を維持できる範囲内なので黙認されますが、両手がふさがるような食べながら運転や、前方不注意を招きかねない食べながら運転は完全に違反です。

事故が起きなければいい、ではなく、安全運転義務違反になることを念頭に置きましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。