生活・本・アート

スマホコーティングやり直しできる?ガラスコーティング剥がれ・剥がし方はある?

iPhoneをはじめとしたスマートフォンを長く大事に傷を付けることなく使いたい…というスマホを傷や衝撃から守るひとつの方法として「スマホコーティング」(ガラスコーティング)がメジャーになりつつあります。

ガラス保護フィルムを貼るよりも経済的で見た目も変わらないのが利点ですが、家電量販店などでもコーティング液が売られるようになりました。

しかし自分でやってみようとして途中や直後にスマホコーティングをやり直しすることができるのかどうか…についてまとめました。

スマホコーティングやり直しできる?

スマホコーティング(ガラスコーティング)は性質上、やり直しができません。

スマホコーティングのやり直しはできない!

スマホコーティングはガラスの特殊な液剤をスマホ本体にたらして薄く塗る作業です。

塗った時点から液剤が化学反応を起こし始めて徐々に硬化・ガラス膜を作っていくので

スマホ本体に液剤を垂らした時点でやり直しがきかないです。

つまり、コーティングをなかったことにはできません。

市販品のガラスコーティング剤を購入して自分で行う場合には今一度、やり直しがきかない点を踏まえてスマホコーティングを行うかどうかを考えてみることは大事です。

ガラスコーティングやり直し=重ね塗りは可能

スマホコーティング(ガラスコーティング)は一度行ってしまうとゼロからのやり直しはできませんが、重ね塗りといった意味でのやり直しは可能です。

市販品のスマホ用ガラスコーティング剤では重ね塗りも可能で複数回使用することでさらに強化が増すと説明がされていたりします。

 

ガラスコーティング剥がれはある?剥がし方は?

コーティング剥がれはある!

iPhoneをはじめとしたスマホでは出荷される前から、すでにコーティングが施されているものもあります。

特にiPhoneはディスプレイ表面のガラス部分に油分をはじくコーティングがされているので、指紋などもつきにくいように製造の段階にコーティングが含まれています。

耐久性のあるコーティングですが、経年劣化はあります。

使用頻度や使い方次第ですが数ヶ月程度で指紋がつきやすくなったりすることも。

そういった意味で「コーティング剥がれ」はあります。

コーティングの剥がし方は?

スマホコーティングは車のガラスコーティングの技術を応用・用いたものです。

なので車の塗装を想像していただくとわかるのですが、車の塗装を剥がす場合には研磨剤・コンパウンド等を用いて塗装を剥がします。

しかしスマホは超薄い膜で硬化してしまうため、研磨するとガラスコーティングを剥がすと同時に本体そのものを傷める・傷をつけてしまいます。

1000分の1ミリ以下の薄さ、スマホ専門店のスマホコーティングサービス等の高い技術力をもったガラスコーティングでは0.000002mmといったとんでもない薄い上に硬いガラス被膜だけをキレイに取り除く必要があります。

超極薄のスマホコーティングを剥がすことは不可能といえます。

まとめ:スマホコーティングやり直しはできないが…

一度スマホコーティング剤をスマホに塗布してしまうとゼロに戻してのやり直しはききません。

しかし一度塗った後に再度コーティングを重ね塗りするといったやり直しに関しては可能です。

家電量販店等でスマホコーティング剤を塗ってサイドのやり直しは可能ですが、やり直し等の心配をしてしまうよりもスマホコーティングの専門店にお任せするのもひとつの手ですよ!

ガラスコーティング剤を買うお金と同じ価格帯で優れたガラス被膜の品質と技術でコーティングしてくれるのでオススメです!

スマホコーティングに特化したお店は専門性も高いので特にオススメです!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!