面白ネタ・雑学系

フィーチャリング(featuring=feat.)・with・コラボの違いと意味は?

時々耳にしたり見かける「フィーチャリング」(featuring=feat.)。意味や「with」「コラボ」といった言葉の違いについてまとめました。

フィーチャリング・featuring(feat.)の意味

フィーチャリングの意味と定義

「特徴」「特集」「出演」などの意味。

◯◯◯◯feat.✕✕」とある場合は、◯◯◯◯はメインアーティストで「✕✕が参加することで楽曲に特徴を出している」という意味になります。

英語で「featuring」と書きますが、略して「feat.」とよく書かれたりします。

フィーチャリングとフューチャリングは間違い!

featuring(フィーチャリング)が正しくて

futuring(フューチャリング)は間違いです!

フィーチャリング(featuringまたはfeat.)とwithとの違い

立場の違いで変わる

ここではわかりやすくするために、

  • 若手アイドルA子
  • 若手ロックグループB
  • 大物ミュージシャンC

としておきます。

withは「共同制作」「対等」「コラボ」の意味合いが強い

  • A子 with B
  • B with A子

with(またはduet with)は

  • AもBも同等の立場である
  • 共同作業

という意味合いが大きいので、コレボレーションや共作という意味合いが強いです。ですのでA子とBの名前が入れ替わっても、featuringに比べて「違和感」はそこまでなかったりします。

featuring(feat.)は立場・役割がしっかり決まっている

  • A子 featuring C
  • B featuring C
  • A子 featuring B

「featuring」は

  • ゲスト的な立場
  • feat.◯◯◯の方の役割分担がはっきりしている
  • feat.◯◯◯の方が大物・目上

である場合が多いです。feat.は「◯◯ featuring with ✕✕」の略で、◯◯が✕✕に依頼して参加してもらっているようなイメージです。

さらにfeat.の場合には役割がしっかり分けられていて、主旋律・メロディーをメインアーティストが、ラップ部分担当がフィーチャリングアーティスト、といったように役割分担がはっきりとしている事がほとんどです。

そういった意味では「◯◯ feat.✕✕」は✕✕が大物アーティストで、ゲスト参加で少し歌っている、といったことが多いです。

ただし、AとBが同じくらい歌っていてもwithと表記せずにfeatと表記されたり、大物でない場合もあったりします。

まとめ:フィーチャリングは「役割・立場」の表れ

フィーチャリング後に来るアーティストは

  • 依頼されてちょこっと参加
  • 大物アーティスト
  • 役割分担でラップやコーラスのみ

といったことが多いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。