ファッション・コスメ・美容

髪のカラーリングかゆみの原因と対処法は?毛染めのお手入れ方法など

 

 

カラーリング中のかゆみの原因は?

カラーリング成分のアルカリ剤・過酸化水素の刺激

カラーをしている時のかゆみの原因の大半は、カラー成分のアルカリ剤や過酸化水素の刺激によるものです。

対策

カラーリング後のかゆみの原因は?

内容成分のジアミンによる刺激の可能性大

全部のかゆみがジアミンが原因とは限りませんが、「多くの場合はジアミンの刺激である」と美容院スタッフの方の話。

 

カラーリングでかゆくならない対処法は?

プロテクトオイルスプレーを使う

アリミノ スキャルプオイル 150ml

カラーリングなどの薬剤からの刺激から守る「プロテクトオイルスプレー」を、カラー前の地肌につけてから行うことでかゆみを抑えることができます。

残留アルカリを除去できるシャンプーを使う

カラーリングのかゆみだけでなく、髪の毛を傷める原因にもなっている「残留アルカリ」を取り除くシャンプーをつかうことで、カラーリング後のかゆみを抑えることができます。

美容師スタッフに相談・ピリピリしたりかゆい時は即お知らせする!

自分でカラーリングするよりも、プロである美容師スタッフに相談してカラーをするほうが良いですね!

カラーリング前に「カラーなどに地肌が敏感でかゆくなりやすいんです」と相談すると、お店のスタッフさん側でもカラーリングの中でもかゆみが起きにくい施術方法を積極的に取り入れてくれるそうです!

また、ちょっとくらいなら…とカラーリング中のピリピリした感じ、かゆみなどは遠慮することなく即お伝えしましょう。

私自身もピリピリを通り越して「あれ?なんか熱い…」という時には速攻でスタッフさんに声をかけています(^^;

伝えた後はスタッフさんが対処してくれて、なんともなくなりましたよ!我慢は絶対にしないほうが良いです。

 

カラーリング前のシャンプーも意外と大事!

カラーリング前に頭皮にダメージがあると、頭皮の傷に薬剤がかかった時に痛み・かゆみへと繋がります。

カラーリング前のシャンプー、次のことに心がけてみてくださいね!

カラーリング前のシャンプー

  • 爪を立てないように、やさしく指の腹で頭皮を洗う(頭皮を傷つけないようにする)
  • 地肌にしっかりお湯が行き届くようにすすぐ
  • お湯の温度は熱すぎないようにすること(頭皮のダメージを減らす)
  • シャンプー後は必ずドライヤーで乾かす(自然乾燥は頭髪に良くない)

 

まとめ:カラーリング以外の方法で髪の色を楽しむ!

ひとえに「カラーリング」といっても、美容院・美容室では、さまざまなタイプのカラーリング・髪の毛を染める方法があります。

ですので、専門家でもある美容院のスタッフさんと相談しながら髪色を楽しむのがベストですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。