生活・本・アート

【iphone修理】充電できない時の原因・対処は?修理できる?

iPhoneが充電できなくなった!とても焦りますよね。慌ててiPhone修理に出そうとする前に、充電できない時の原因を追求することが大事になります。

iPhone本体以外にも充電できない時の原因は多岐にわたりますので、それぞれの原因をチェックしてiPhoneを修理に出す・出さないを見極めていきましょう!

【iPhone修理】充電できない時の原因は?

iPhoneが充電できない時の原因は大きく分けると次のようになります。

  • 充電ケーブル・コードまわりが原因
  • 充電器・電源が原因
  • 本体が原因

それぞれの原因順に充電できない時の状況を確認するのがオススメです。

iPhoneが充電できない時の原因を解説していきます。

iPhone充電ケーブル・コードが原因

iPhoneが充電できない時の一番多い原因・理由は充電ケーブル(USB-Cケーブル、Lightningコネクタケーブル等)の切断や破損など、ケーブルの故障です!

iPhoneのヘビーユーザーほど充電回数が増える=充電コードの利用が増える&抜き差しする回数が多くなるため、過度な力で引っ張って物理的な負担をかけて故障させてしまうことも。また意外にも充電したまま(充電コードをiPhone本体に刺したまま)使用することでコードに負荷をかけていることも多いです。

また最新のiPhoneではUSBタイプCのコードで充電できるようになり、iPhone・Apple純正の充電コードや公式ライセンス商品(MFi認証済商品)ではなく一般的かつ安価なコードで充電する人たちも増えてきました。

コードの品質が粗悪な場合には充電できなくなったり本体そのものにも影響を与えてしまうので気をつけましょう。

iPhoneの充電ができなくなった時には、まず充電ケーブルを疑いましょう。

iPhone電源プラグなど接続機器や電源まわりの故障

電源アダプタ・充電器による接続不良などの故障も原因になりえます。

電源プラグ・アダプタも国際規格で定められたもの、Apple純正品であれば安全かつ故障はしにくいのですが、充電ケーブルと同様に今現在はUSB充電器がダイソーなどの100円均一でも買えるような状況です。

粗悪品の場合もあるので、電源アダプタも疑ってみましょう。

またコード・電源アダプタが大丈夫でも

電源そのもの(コンセントのタップ部分、モバイル充電器そのもの)

に不備がある場合も。

念のために電気周りも確認しましょう!

特に自動車での給電(シガーソケットに差し込んで充電するタイプ等)は瞬時に強い電気がiPhoneに流れることもあるため、iPhone本体およびプラグやコードの故障の原因にもなります。

 

【iPhone本体】電源コード差込口の汚れ・破損が原因

充電コード・電源アダプタに異常がみられないのであれば、いよいよもってiPhone本体が原因である可能性が高いです。

その際に一番最初に充電できない原因のひとつ「充電コードの差込口」(充電コネクタ差し込み口部分)

差込口に異物がないか、汚れていないかの確認をしてみましょう!

防水機能があるiPhoneでも、差込口部分に水分が溜まったまま充電したり、ホコリや汚れが残ったままだとiPhone本体が故障したり接続不良で充電ができないといったことが起こります。

【iPhone本体】水没・落下が原因

iPhone7以降は防水仕様となっていますが油断は禁物です。

なぜなら長期利用で防水性能が落ちていくため。

お風呂や川・海などの水中に思いっきり落とす以外にも湯気などの湿気でiPhone本体に水分が侵入してしまい本体がダメになってしまうこともあります。

 

【iPhone本体】バッテリーの消耗が原因

iPhoneの利用期間が長いとバッテリー消耗により故障することも。

充電回数や使用頻度にもよりますが2年以上経過しているスマホはバッテリーの減りが早くなったりしますのでバッテリーが充電できない原因であることも頭の片隅にいれておきましょう。

【iPhone本体】ソフトウェアの問題

ごくまれにiPhoneのソフトウェアの問題で充電ができない場合もあります。

 

【iPhone修理】充電できない時の対処法は?

充電できない時のセルフチェックリスト

  • iPhoneの充電ケーブル・電源アダプタをチェックする
  • コンセントやモバイルバッテリーなど電源まわりに異常がないかを確認
  • iPhoneの充電差込口部分をチェックする
  • iPhoneを使用してどれくらい経過した?バッテリーの持ちや充電速度は?
  • 最近水没や落下などの衝撃があったことは?

 

充電できない時のiPhone修理できる?

充電できない時のiPhone修理はできる!

iPhone本体に問題がある場合、公式ショップやモバイル修理店・iPhone修理店で修理することが可能です。

ただし、修理の方法は原因によって変わってきます。

  • バッテリー交換
  • 水没修理

など修理メニューが分かれるので、お店でiPhoneの状態を診断してもらってからの修理になります。

充電できない時の修理費用目安は?

充電できない時の原因によって修理費用は変わってきます。

またiPhoneのナンバリング(12、11Proなど)でも料金に変動があります。

一例になりますがバッテリーに問題があった場合

バッテリー iPhoneXの場合…7700円、5Sの場合…4,900円

引用:【iPhone修理】モバイル修理.jp

といったように機種によって価格帯に幅があります。

 

まとめ:【iPhone修理】充電できない時は慌てずに!

iPhoneの充電できない時の原因が本体以外の場合には「買い替え」という選択肢があるので、まずは慌てずに落ち着いて原因を探るようにしましょう!

Web予約・相談もできるiPhone修理のお店はこちら

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!