生活・本・アート

お年玉の金額小学生はいくら?相場や考え方について

お年玉の金額の相場は小学生では?

これぶっちゃけて言ってしまうと「あなたの経済力と、相手との関係性」次第になります(汗

 

ただ「そうはいっても、その加減をどうしたら良いのか分からない…」という人も結構な数でいると思いますので、世の中の流れや相場をみつつ、提案していきます!

 

小学生のお年玉を金額を考える上でのポイントは?

小学生のお年玉は来年も再来年も上げ続けることを考慮する

小学生の成長は早いです。その分、子どもたちの頭の回転も早く、意外と過去の記憶もしっかりしています。

なので

「あれ?去年より減ってるじゃん……」

ということだけは避けたいですね(笑

またお金の価値観も急激に変化するので(これは親の育て方次第ですが)、学年に合わせて、去年と同じ、またはアップさせていくに越したことはありません。

 

小学生のお年玉は値上げのサイクルを同じにする

前述のとおり、子どもは大人が思っている以上に「賢い」です。

お年玉の値上げサイクルは「一定」にしましょう。

それが「毎年」なのか?「2年ごと」なのか?それとも「ずっと定額なのか?」は、あなたとお年玉を上げるお子さんの間柄次第です。

 

 

小学生のお年玉は兄弟・姉妹の差をつけるかどうかを考慮する

お年玉をあげる時に一番気をつけたいのが「兄弟間で差をつけるかどうか?」です。

これは親しい間柄でしたら差額を付けても良いですが、縁が薄ければ薄いほど、差は付けない方がよいです。

 



 

 

小学生のお年玉の金額(甥・姪の場合)その1

小学生(1年生)…1000円

小学生(2年生)…2000円

小学生(3年生)…3000円

小学生(4年生)…4000円

小学生(5年生)…5000円

小学生(6年生)…6000円

1学年上がるたびに1000円ずつアップさせる、という方法です。

中学生で7000円、高校生以上になったら1万円、という風になると、これはかなり子ども的には大喜びですね!

頻繁に甥っ子・姪っ子に会えないのであれば、兄弟・姉妹・両親にも気兼ねなく上げられる金額でもあります。

 

小学生のお年玉の金額(甥・姪の場合)その2

小学生(1年生)…1000円

小学生(2年生)…1000円

小学生(3年生)…2000円

小学生(4年生)…2000円

小学生(5年生)…3000円

小学生(6年生)…3000円

 

小学校の低学年・中学年・高学年で、金額をアップしていく方法です。

これはお盆や誕生日など密にやり取りしている甥っ子・姪っ子の金額設定ですね!

この程度の金額だったら兄弟・姉妹・両親に全く気遣いを起こさなくて良いので楽ですし、金額の上昇もゆるやかなので、中学生以降は常に5000円、大学生になった時に1万円、という設定もしやすいのも良いです。

 



 

 

小学生のお年玉の金額(友人・知人の子ども)その1

小学生……一律1000円

一番気遣いしなくて渡しやすい金額です。

さらに一律1000円なので、数多めに用意しておいて、サクッと手渡せるスマートさも良いですよね。

中学生になった時に、2000円にするかどうかを考える程度!

 

小学生のお年玉の金額(友人・知人の子ども)その2

小学生1〜3年生…1000円

小学生4〜6年生…2000円

 

小学校の低学年・高学年という風に分ける考え方です。

こちらも差し障りのない金額です。

中学生以降も渡すのであれば2000円で。

ただし、友人のお子さんが2人いる場合にはどちらも「1000円」にするほうが良いです。

兄弟間の争いや、人数が多い=渡す金額が多くなる=気を使わせる可能性が出てきますので。

 



 

 

補足:友人・知人の子どもにお年玉を渡すかどうか?

これは「直接、友人・知人の子どもに会えるかどうか?」で決めましょう!

園児〜小学生くらいまでは直接会う機会が多いので渡しますが、中学生以降になるとよっぽど家族ぐるみのお付き合いをしない限りは、直接会わなくなるのではないでしょうか?

なので、親戚ではないお子さんに渡すのをやめるのは中学生くらいからになると思います。

 

 

まとめ:いくらでも良いけれども「継続すること」「親の気遣い」に配慮

 

「お年玉は長期的に渡すものであること」「親に過度に気を遣わせないこと」

この2点が大事ですね!

 

あなたがお金持ちで、かつ親たちが無神経であれば、いくらでも渡して良いとは思います。

でも、お年玉をあげる・あげたいくらいの間柄なら、そうではないですよね?(汗

 

今回の記事が参考になれば幸いです!

 

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。