ドラマ・アニメ・番組・映画

最高の人生の見つけ方の名言・名セリフ!幸枝やマ子の生き方についても

映画「最高の人生の見つけ方」名言・名台詞

じっと死ぬのを待つのが嫌なんです。

あふれるくらいに夢が詰まっていた「死ぬまでにやりたいことリスト」。

なのに幸枝は自分の「死ぬまでにやりたいこと」が全く書けませんでした。

 

そこで女の子の「死ぬまでにやりたいことリスト」をやってみようと思いたち、マ子に電話してそのことを話すのですが、代わりにやるってこと?とマ子はいぶかしげ。

 

「自分のためにやってみたい。じっと死ぬのを待つのが嫌なんです」

 

この言葉を聞き、マ子も「私もそれ、乗るわ」と2人でリストを実行していくことになりました。

 

お金があってもどうにもならないことばかり

宝くじが当たらなかった幸枝がお金があれば…という話の時に言い放ったマ子のセリフ。

お金があっても、夫に会社を乗っ取られそうになったりガンになって散々、というマ子だからこそ深みのある言葉です。

 

子どもから働く喜びを奪うだけ

死ぬにあたり、「私が死んだ後にお金があった方が、引きこもりの息子も生きていける…」という感じの幸枝にマコがカツを入れる。

「子どもから働くよろこびをうばうだけじゃない!!」

なんでも尽くしてしまう、あれこれしてあげることの罪深さを感じました。

 

あきらめたこともいっぱいある。何かを残したわけじゃないけど

倒れる直前に幸枝が言ったこと。

毎日家族のために頑張った主婦ならではの気持ち。

 

好きでいてあげて。助けてあげるってそういうことだから。それだけでいいから。

 

私には会社という子どもが残った。それで十分。

幸枝とは正反対に仕事に生きたマコ。

 

心配するな。お前にもいい出会いがあるぞ!

マコが最後に言ったこと。

幸枝との出会いに心から感謝して幸せであったこと。

 

「高田、心配するな。お前にもいい出会いがあるぞ」

 

秘書思いな一面も見えるセリフです。

 

映画「最高の人生の見つけ方」印象深いシーンとセリフ

「オーライ!!」

幸枝から「死ぬまでにやりたいことリスト」をやりましょうと電話があり、自分もそれに乗ることを決意したマコ。

 

その時にこうしちゃいられないと、自分の頭からウィッグを取り去り、坊主頭を見せます。ガンであるのである程度は予測していましたが、衝撃的な場面でした。

そしてクローゼットの中にいくつも飾ってあるウィッグから1つを取り出してかぶります。

その際に

 

「オーライ!」

 

たった短い掛け声ではありますが、とても印象に残るシーンでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。