ドラマ・アニメ・番組・映画

【恋するシロクマ】白熊アニメが嫌いで気持ち悪い?映画上映前の動物BL作品だから?

映画上映前、スクリーンで他の映画の予告編やCMなどが流れていますが、その中で異彩を放つのが「恋するシロクマ」という短編アニメです。かわいい動物キャラが登場しますが一部で「気持ち悪い」「嫌い」といった声があります。

一体どういうことなのか?を考察・まとめました。

恋するシロクマ(アニメ)について

映画本編の上映前に他作品の予告やCMなどが流れますが、その中に短編アニメ「恋するシロクマ」が流れることがあります。

新作のアニメ映画の予告動画かな?と思いきや、映画館で上映されている短編作品そのもので、2020年4月現在では映画本編として制作・上映の予定はありません。

今後も細々と、映画の上映前のプチアニメのように流れていくようです。

原作漫画「恋するシロクマ」

 

【恋するシロクマ】白熊アニメが嫌いで気持ち悪い?

アニメ「恋するシロクマ」が嫌い・気持ち悪いと嫌がられている理由は想像以上に多岐にわたりました。

嫌い・気持ち悪いといった感情がどこから湧いてくるのか?をまとめました。

動物でわざわざBL設定にするから嫌い

同性愛を毛嫌いする人にとっては、わざわざ動物キャラ・動物の世界を使って同性同士のラブコメディを見せられても…という感情があるようです。

絶対強者が絶対弱者に関係を迫っているのが気持ち悪い

男同士のラブコメディー、同性愛について描かれるうんぬんではなく、そもそもの設定が「気持ち悪い」と考える人もいます。

アニメ「恋するシロクマ」の設定・関係性は…

シロクマ(弱肉強食の『強食』で絶対的に強い立場)が

アザラシ(弱肉強食の『弱肉』で絶対的に弱い立場)に思いを寄せる(恋人関係を迫る)ため、アザラシは「食べられる…!」「死んじゃう…!」「しかもオス同士だし…!」と関係を断れば死、関係を持つ(同性に興味なし)も地獄という、選択肢がない状態…

これを人間に置き換えたときに…

パワハラ・セクハラ気持ち悪い!!

圧倒的に強い者が圧倒的に不利な立場の弱い者に関係を迫る構図がどうしても受け入れられない、と考える人もいます。

 

一応、アニメ内のシロクマさんはのほほんとしていて、実際にはアザラシに何かをしでかすような状態ではないものの、

アザラシ視点からしたら、そんなの知らんしただただ恐怖でしかない状態。

 

一方的な好意を押し付けているから嫌い

かわいい動物の姿を借りているとはいえ

  • 男同志
  • 絶対的に逆らえない関係
  • 強者が弱者に思いを一方的に押し付ける

このコンボ技で「嫌い!」となっている人も多いです…

弱者の虐待が気持ち悪い…

恐怖で打ち震えるアザラシを「かわいい…」「面白い!」という感覚が嫌いだし気持ち悪い、と考える人もいます。

さらにシロクマとアザラシの関係性(アザラシはシロクマが好きじゃない)を知っていて、けしかけるペンギンも登場するので「ひどすぎる」「不快!」と感じる人も…。

 

「見せられている気持ち悪さ」が嫌い…

これまで紹介した上記の理由をさらに加速させているのが…

見たい映画を見るために、無理矢理「見たくもない作品」を見せられている状態だということ。

ある程度BLに寛容で、アニメの設定をそこまで考えない人にとってはスルーできますが…

本編前、楽しみにしていた作品へ期待に胸躍らせて、映画の世界にどっぷりつかるぞー!と思っている矢先に「好きでないもの」を見せられた時の不快感・気持ち悪さといったら…。

 

せっかくテンション上げてやって来た映画館なのに…と水を差された気持ちになりますよね。

 

まとめ:恋するシロクマの「見ない選択肢がない」のが一番の嫌われ要因

半ば強制的に見ることになる「恋するシロクマ」に殺意がわく人がいてもおかしくないなあと「嫌い!」「気持ち悪い!」「不愉快!」の声や意見、原因をまとめながら思いました。

映画の予告編なら、好みのものじゃなくても「断片」しか見えないため、スルーしやすいのです。

しかし短編アニメとして世界観作りこまれて好きでもない(むしろ嫌いな)ストーリーを見せられると「うへぇ…(汗」と一気に嫌われるのも仕方ないですよね。

普通の予告編と違ってスルーされにくいから、短編アニメは漫画の宣伝にももってこいなのかもしれませんが…

「見ないという選択肢がない」映画本編前の映像、どうにかならないのかな???とも思ってしまいます。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。