面白ネタ・雑学系

コックは放送禁止用語なの?意外な理由と言葉の意味

「コック」が放送禁止用語!?なぜなのかを調べてみました。

コックはなぜ放送禁止用語なのか?

「コック」=日本で一般的には「調理師」だけど…

日本の場合「コック」と聞いて一番イメージするのは

「レストランや洋食店などで白い長い帽子をかぶっている調理師」

ではないでしょうか?

もしくは「アヒルのコックさん」。

こちらもやはり白く長い帽子を被った調理師のアヒルさんですね(笑

 

コックの意外な意味!英語圏では使えない…

実は「コック」にはいろいろな意味があります。

 

  1. 職業として調理を行う料理人
  2. 家事使用人
  3. 英語圏の姓や地名
  4. 英語で「男性器」を意味するスラング
  5. 雄鶏のこと(一般的に雄の鳥を指すことも)
  6. 水道やガスなどの横にひねるような栓のこと
  7. 北大西洋条約機構(NATO)がソ連の航空機An-22に対して用いたNATOコードネーム

強調したとおりですが、4の意味に捉えられる可能性があるため、放送禁止用語になっているようです……

 

メディアでは誤解を招くことは最大限避けたいところなので、一般的なイメージはどうこうさておき、放送禁止用語にしてるのでしょうね…

 

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。