生活・本・アート

【ながらスマホ】スマホスタンドはOKで違反・厳罰化されない?違法基準はどうなる?

2019年12月1日から運転中の「ながらスマホ」が厳罰化すると話題になっています。「ながらスマホ」の定義とスマホホルダーなら違反ではないのかどうかをまとめました。

ながらスマホ厳罰化について

https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg19829.html

ながらスマホの違反点数

違反点数が3倍、反則金も高額に!一発免停も! 『ながらスマホ』は死亡事故の危険性が約2.1倍。悲惨な事故を防ぐためにも、絶対に『ながらスマホ』はやめましょう。

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201707/2.html

携帯電話の使用等(保持)の場合3店
・通話(保持)
・画像注視(保持)

携帯電話の使用等(交通の危険)の場合6点
・通話(保持)
・画像注視(保持)
・画像注視(非保持)
交通の危険を生じさせる行為として原点となります。

 

スマホホルダー・スマホスタンドで「ながらスマホ」にならない?

スマホホルダーを使っても「ながらスマホ対象」に

先に違反点数とともに違反基準を掲載しましたが……強調してあるところに注目です。

画面注視(非保持)であろうとも、危険運転をしたら違反となります。

「スマホを固定化しても、カーナビでも、とにかく画面をずっと見続けて危険運転したら違反対象」ということ。

 

スマホスタンド・ホルダーなしで画面チラチラは間違いなく「ながらスマホ」違反

Amazonでスマホスタンドを購入する! Amazonでスマホホルダーを購入する!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。