ホワイトデーが面倒!会社・職場へのお返し対策

      2018/05/04

この記事は約9分で読めます。

SponsorLink

職場では「ちびまるこちゃん」のたまちゃん的ポジションになりがちの、三上かなこです。

仕事中はよく眼鏡かけているせいでしょうか?真面目っ子キャラだからでしょうか?(汗)

 

今回もホワイトデーについて語ります。

会社・職場でのホワイトデーが面倒と思っている方、考え方ひとつで気持ちが楽になるかもしれませんよ!

会社・職場からもらう義理チョコに対する考え方、そのお返しする際のポイント、さらに具体的にどんな物がいいのかを提案いたします。

 

会社・職場の義理チョコは「年賀状」と思おう!

前回、会社30代女性義理チョコ編で、「義理チョコには何の思い入れがない」と力説しました。

が、しかし。

義理チョコだからこそ、義理できちんとお返しいたしましょう!

とも説明しました。

なぜかというと、会社で配られる義理チョコというのは

  • 慣例行事になっているから
  • 純粋に日頃の感謝の気持ちで
  • イベントが好きだから

というような要素が考えられるものの、大抵の場合は一番上の理由、会社でバレンタインにチョコを配るのが当たり前になっているから、ではないでしょうか?なので女性側だって面倒と思って配っていたりします。面倒に思わないのは本命チョコだけですね(笑。

会社・職場の女性or女性陣たちは、面倒と思ってても、義理チョコだとしても、チョコを買って配るという「行動」をしてくれたわけです。

なので、男性側も「行動」で感謝を示してくれないとイラッとくるわけです。

 

こうなったら、ホワイトデー(職場・義理チョコの場合)を「年賀状」と思ってください。もしくは、お中元・お歳暮と同義と考えましょう!仕事上で必要なこととして捉えてください。

恋愛とか男女がどうこうとかのイベントデーと思うから面倒に思うんです。極端に割り切ってビジネス&社会人マナーと考えてしまえばいいんです。

 

貰ったら必ずお返しする、それが礼儀!

 

面倒と思っても、ホワイトデーにきちんとお返しすることで、仕事の流れやコミュニケーションがスムーズになるかもしれませんよ!

 

会社・職場のホワイトデー お返しのポイント

 

会社・職場でのホワイトデーのお返しの仕方のポイントです。

  • 「まとめてお返し」は基本的にNGです!!
  • 「まとめてお返し」は「立場が一番上の女性」に渡す
  • 個別包装になっているものにする

 

これらを踏まえて、1つずつ解説していきます!

 

「まとめてお返し」は基本的にNGです!!

これ、ものすごく理不尽なんですが(笑)。

たとえば、女性側が「これ、部署のみんなからです!」と義理チョコを渡していたからといって同じようにしてしまうと印象がよろしくありません。「えっ?出張のお土産か何か???」みたいに受け止めてしまいます。

なぜダメかというと「大勢→一人に」という形に比べると「一人→大勢」という形は印象が良くないからです。

「大勢から一人に」は特別感

「一人から大勢へ」は普通、やっつけ仕事的

の印象がぬぐえないのです。

ここでは女性的な感覚で「バレンタインデーに女性社員一同から、男性一人ひとりへ義理チョコを贈った」(大勢→一人)というふうに認識が働いているんです。

男性からしたら「女性社員一同から、男性社員それぞれが義理チョコを貰った」(大勢→大勢)という認識だと思います。

この認識の違いがあるからこそ、上記のような「まとめてお返し」の印象が良くないし、男性側も悪気なくやってしまいがちなんです。

ね?理不尽でしょう!でも、しかたない!!

この同じことなのに、微妙な捉え方の違いが分からなくて、男女共にいかに損しているか!……という話は、また機会があれば別の回にでも。

 

あと悩ましいパターンが「これ私からです!」1人の女性が100円〜200円くらいの少額のチョコ、または大袋に入ったチョコ菓子とかを男性皆に配り歩いていた場合。

その場合は、同じように頂いた男性社員一同からということで、その一人の女性にお返しするのがベストです。

同じように配り歩いている女性社員が複数いた場合も同様です。個別対応てくださいね。

個別対応の義理チョコ対策は、会社の30代女性への義理チョコ対策の回のコラムを参考にしてみてください。

 

「まとめてお返し」は「立場が一番上の女性」に渡す

「まとめてお返し」が基本ダメ!とはいっても、仕事柄、女性社員に一人ひとり回って渡せないという状況・場合もあると思います。

なので、一番平和的かつスマートに、まとめてお返しできる唯一の方法を今から伝授します。いいですか?

 

まず「まとめてお返し」を渡す相手は、部署内で一番立場が上の女性にしましょう!

その際には必ず

「バレンタインに皆さんからいただいたので、女性の皆さんで食べてください」

と伝えてください。

そうすれば、その女性が部署内の女性に行きわたるように配ってくれます。

間違っても立場が下の人に渡してお願いしてはいけません。上の立場の人のプライドを傷つけてしまいます。そのとばっちりが、あなたにいくなら良いのですが別の女性社員にいく場合も……。必ず部署内でトップの女性に渡してくださいね。

そして

さらにもう一言、気の利いたコメントを添えてください!

「皆さんからもらって嬉しかったです」「いつもお世話になっているので感謝の気持ちです」などでいいですので。

「まとめてお返し」の時に限っては、簡単なメッセージカードをつけても良いですね。文章はほんの一言でいいです、義理なので。(あくまで「まとめてお返し」の場合ですよ!個別への義理チョコお返しの時には絶対にカードをつけないでください。ドン引きされます)

 

「まとめてお返し」渡し方の極意

  • 部署内の立場が一番上の女性に渡す
  • 「バレンタインのお返しです。皆さんで食べてください」と伝える
  • さらにもう一言!気の利いたことを言う

 

気の利いた一言を添えることで「特別感」を出して、「まとめてお返し」=手抜き感を取り除きましょう。

気の利いた一言やメッセージカードは、長々とせず、ほんの一言にしましょう。それだけで「マメな人だね」と好印象になります。

 

 

個別包装になっているものにする

「まとめてお返し」の場合は、まとまった物(大箱に入ったギフト菓子など)でも構いません。

 

ただし、中身は個別包装されているものを選びましょう!

 

人それぞれ、お菓子を受け取れるタイミングや食べる時間はバラバラです。なかには「ダイエットしているから」と会社では食べずに持ち帰る人もいます。

好きなタイミングで食べられるよう、あるいは持ち帰れるようにするには個別包装がベストなんです。

 

会社・職場にオススメ!具体的なお菓子紹介

ここでは具体的な商品を紹介します。

先程挙げた「個別包装」をふまえたうえで

  • 女性に人気・定評がある
  • パッケージがカワイイ
  • 1個あたりの単価が200円以下

といったお菓子を選んでみました!

 

「横濱フランセ」のミルフィユ

 

個数違いもあります。

横濱フランセ ミルフィユ 果実をたのしむ詰合せ 12個入
横濱フランセ ミルフィユ 果実をたのしむ詰合せ 16個入

パッケージもかわいいですが、おいしくて食べごたえもあり!

横濱フランセは他にも女子ウケするお菓子がたくさんあります。

公式ホームページはこちら。

 

ワッフル・ケーキR.L」のワッフルケーキ

 

ワッフルケーキといえば定番中の定番のお店です。

ホワイトデーにケーキを…と考えていても、渡すのも持ち運びも大変、ですが、このワッフルケーキなら渡しやすいですよね!

フワフワした食感もよく、種類も豊富、季節限定の味もあるのでオススメです。

公式販売サイトはこちら!(楽天市場内)

 

「ゴディバ」のクッキーアソート

 

 

個別違いもあります。
ゴディバ (GODIVA) クッキーアソート 18枚

ゴディバにはクッキーもあるんです!しかも、おいしい!

チョコのイメージが強いゴディバですが焼き菓子のクオリティも良いのです。私がゴディバ好きというのもありますが、絶対に女子ウケをハズさないブランドと思います。

 

公式販売サイトはこちら(楽天市場内)

 

 

「ユーハイム」のバームクーヘン

(個数違いもあります!)

しっとりした食感と甘さのバウムクーヘン。

1個あたりの大きさもちょうどよいボリュームで年齢問わず満足できる商品と思います。

その他焼き菓子や季節限定商品があるので、何か用入の時にも頼れるショップさんでもあります。

公式サイトはこちら

 

まとめ:ホワイトデーはコミュニケーション

いかがでしたでしょうか?

最後にまとめて紹介したショップは、個別に義理チョコのお返し用にも利用できるお店でもありますから、ぜひ活用してください☆

 

ホワイトデーのお返しは確かに面倒かもしれませんが、義理とはいえ、このお返しがきっかけでコミュニケーションが生まれ、仕事が円滑に回りやすくなることがあります。

ホワイトデーのお返しは「年賀状」と思え!と叫びましたが(笑)、バレンタイン&ホワイトデーのやりとりで、コミュニケーションや仕事の円滑化が進むことがあります。

なので、ホワイトデーの後、女性陣は面倒な仕事を頼まれた時に受け入れやすくなったりすることも!

社内で気持ちよく仕事できるようになる行事の一貫として、ホワイトデーに挑んでみてくださね。

 

それでは!

 

 - イベント・スポット・グルメ, 全記事