岡靖知の絵画はいくらで購入できる?個展作品とプロフィール紹介

      2018/03/15

SponsorLink

Twitterで「写真にしか見えない油絵」が話題沸騰中!作者の岡靖知さんはどんな人?絵画作品はいくらするのか?個展の開催場所や日時について調べてみました。

 

どうみても写真にしかみえない油絵!



どうも、美しいものを愛でたい三上かなこです。

今回紹介する美しきもの……絵画、油絵です!

いいですか?油絵ですよ!?

 

油絵です!!!

 

しつこいくらい、言わせてもらいましたが(笑

なぜそこまで、リピートアフターしたのかというと……

見てください!!

美しいーーのですが、さらにビックリするのが、写真ではなく油絵だということ……。
どこをどうみたら油絵なんですか……?

自分の目と頭を疑がってしまう絵画です。ほんとにこれ絵なんですか?すごすぎます!!

 

作者の岡靖知さんについて

この「写真にしかみえない油絵」を描いている人は、岡靖知さんです。

岡さんの簡単なプロフィールはこちら。

名前:岡 靖知
年齢:1983年生まれ

居住:愛知県小牧市

誕生日:5月3日
性別:男
職業:美術家、画家

引用:岡靖知 公式ブログ&Facebook

岡さんは写実的な絵画、油絵を制作している画家さんです。

岡さんは、日々制作活動に打ち込んでいて、週休1日くらい、毎日8時間は寝ているそうです。

「絵画を売って細々と暮らしています」とサイトでは自己紹介していて、 制作以外ではゲーム、youtubeやニコニコ動画、アマプラ、netflixの動画をみながら過ごしているとか。

 

岡靖知さんの絵画はいくら?作品の購入価格と購入方法は?



絵の価格ですが、絵の大きさで変わっているようです。

一例として紹介していきたいと思います。


【作品名】「悠久の眺望」
【作品詳細】
・サイズ=F10号:画寸53cm×45.5cm
・技法=油彩・パネル
【額縁について】
・箱=差し箱・黄袋
【販売価格】40万円

 

【作品名】「梟の森」
【作品詳細】
・サイズ=F8号:画寸45.5cm×38.0cm
・技法=油彩・パネル
【額縁】
・サイズ=長辺66.5cm×ヨコ59cm
・箱=差し箱・黄袋
【販売価格】32万円

 


【作品名】「薄桜」
【作品詳細】
・サイズ=F6号:画寸41cm×31.8cm
・技法=油彩・パネル
【額縁について】
・箱=差し箱・黄袋
【販売価格】26万円 

 


【作品名(左側)】「碧色の瞳(鉛筆画)」
【作品詳細】
・サイズ=画寸28cm×23cm
・技法=鉛筆・イラストボード
【額縁について】
・サイズ=四つ切
・箱=かぶせ箱
【販売価格】6万円

 

【作品名】「移ろいの窓(鉛筆画)」
【作品詳細】
・サイズ=画寸23cm×19cm
・技法=鉛筆・イラストボード
【額縁について】
・サイズ=太子
・箱=かぶせ箱
【販売価格】5.5万円

 

価格は絵の大きさ次第!注文制作の場合の価格は?

岡さんの絵ですが、現在は大きさで価格帯が統一されているようなのでまとめてみました。

  • 48万円=P12号(60.6×45.5cm)
  • 40万円=P10号(53✕41cm)、F10号(53✕45.5cm)
  • 32万円=P8号(45.5✕33.3cm)
  • 26万円=F6号(41✕31.8cm)
  • 24万円=S4号(33.3✕33.3cm)
  • 18万円=F4号(33.3✕24.2cm)
  • 15万円=F3号(27.3×22cm)
  • 6万円=鉛筆画28✕23cm、27✕23cm、30×22cm、29×23cm
  • 5.5万円=鉛筆画23✕20cm、23✕19cm

今後、値が変動するかもしれませんので、参考までに!

そして、岡さんは注文制作はしていません

 

複製は買える?

岡さんは複製を作らない、とTwitterで公言していますので、複製の購入はできません。

今後はどうなるか分かりませんが、絵画は一点だけの貴重な物になりそうですね!

 

購入方法は基本的には「抽選式」


岡さんの作品は個展の場合、基本的に「抽選式」になっています。

一連の流れとしては

  1. 個展の開催決定
  2. Facebook、ブログで販売する絵の告知と詳細、価格を提示
  3. 個展開催
    (会場で購入希望申し込みする)
    (来場できない人もメール等で購入希望申込み可能)
    (倍率の高い絵画がある場合、Facebook等で告知あり)
  4. 展示終了後で応募も締め切る
  5. 抽選&当選者に連絡

 

 

岡靖知さんの個展は?作品を生で観れる?

残念ながら、2月に個展が開かれたばかりで、今後の出展・個展は未定のようです。

ただ、岡さんは不定期ながらも精力的に個展開催をしたり、グループ展を開いています。今後も直で作品をみられる機会がありそうですので、ぜひ岡さんのTwitter、ブログ、Facebook等をぜひチェックしてみてくださいね!

 

岡靖知さんのブログ「岡靖知・日記」はこちらをクリック!

岡靖知さんのFacebookはこちらをクリック!

岡靖知さんのTwitterはこちらをクリック!

 

まとめ:美麗、としかいいようのないアート



いかがでしたでしょうか?

岡さんの写実的な絵画は、もう写実、写真ですよね……!

ぜひとも実物を観てみたいと思いました!

 

それでは!

 

関連記事

漆塗りの超高級人生ゲームの販売価格は?展示場所など遊んだりできる?

永井秀幸3Dアート作品展示がスゴイ!東北初岩手開催場所と感想

浅見光彦殺人事件のあらすじ・ネタバレ!げ原作のドラマ化は困難?

君の街フォントはダウンロードできる?購入や使い方など詳細は?

 - 面白ネタ・雑学系, 生活・本・アート, 全記事