永井秀幸3Dアート作品展示がスゴイ!東北初岩手開催場所と感想

      2018/03/11

この記事は約7分で読めます。

SponsorLink

テレビでも話題となった永井秀幸さんの3Dアートが生で見られる作品展が岩手県北上市で開催されています。なんと東北初の展示会!!実際に行ってみた感想とともに作品の一部を紹介します。

 

永井秀幸さんのプロフィール



アートっていいよね!三上かなこです。最近はYouTubeでもスケッチで3D作品を制作から完成までを紹介している動画というのもバンバン上がっていて、スゴイ!と思って観ていましたが、生の作品を観れる!しかも岩手で!東北初ですって!?に食いついて行ってまいりました。

 

まずは今回の展示会の作家さん、永井秀行さんについて紹介します。

永井 秀幸 (ながい ひでゆき/Hideyuki Nagai)

3Dアーティスト/鉛筆画家 絵本作家

生年月日:1991年生まれ(27歳)

出身地等:大阪市在住

 

関西・大阪を拠点に活動。

2010年大学中退後に自らサイトを立ち上げ、2012年よりスケッチブックから飛び出して見える3Dアート作品を中心に制作開始。

以降、各地で展覧会が開催され企業やメディアとのコラボ作品や絵本での表現に挑戦するなど様々なスタイルで活動を続けている。

 

出典:公式サイトより

永井さんは主にスケッチブックに鉛筆で描いた絵が立体的に見える3Dアートを手がけています。メディアに多数取り上げられていて、YouTubeでも制作過程を公開しています!

ほんとに、平面からの、立体!!!視覚イリュージョン !スケッチファンタジア!(興奮して言葉がおぼつかない)

 

永井さんの作品は絵本にもなっています。

 

東北初・岩手開催!永井秀幸作品展「3Dアートの世界」

永井さんの作品展、なんと東北初を岩手の地に選んでくれました!これはスゴイ。

 

展示会の詳細

場所:ギャラリーボイス(岩手県北上市九年橋3-7-11、文具専門店「ボイス」2階)

期間:2018年3月3日(土)〜18日(日)

時間:10:00〜20:00

料金:無料

定休日:会期中はなし(元日以外営業)

 

ギャラリーボイス」は北上市の文具専門店「ボイス」の店内2階にあるギャラリースペースのことです。

 

場所・お店の交通アクセス

JR北上駅から車で4分(徒歩13分)

<東北自動車道>

北上江釣子ICから車で9分

北上金ケ崎ICから車で15分

 

実際の作品と私の感想



実際に行ってきましたので、作品の一部を紹介します!

まずは論より証拠で、こちらの画像から。

スポットライトに照らされたキャラクター。紙の上に立っている!と思いきや……

平面です!!!ほんとうにスケッチブックの紙に描かれたものなんです。そんな作品が目白押し!!

展示はこのように、タイトル、作品、作品を写真で撮ったもの、カメラの撮影向きが示されています。カメラマークの角度から撮影、眺めたりすると作品が浮き上がってきます。本当に不思議です。スマホの画面を覗くとより立体的に見えるので、スマホ・デジカメ持参がオススメです。

YouTubeで公開していたスケッチ画も展示されていました。

永井さんの絵本の原画も目白押しでした。永井さんの原画そのものの販売購入はできませんが、作品を収録した絵本は販売されております!

観てきた感想ですが、いやあ凄かった!の一言。スマホ・デジカメ必須だなあと思いました。

肉眼でみると平面ってすぐ認識できるのですが、スマホでの撮影画面を覗くと浮き上がってくるんです!あれっ?えっ?って何度も見返してしまいました。

もちろん肉眼でも3Dに見える時があるのですが、人間の目って優秀ですぐに平面って判断してしまいます。ただ、油断すると錯覚で立体化してくるので(笑)んんっ!?!?(焦)ってなります。ついつい、肉眼でも3Dに見える角度を探しては自分を目をごまかしてみる、という動作を繰り返ししてしまいました。

あとは見る角度・撮影する角度が大事になってきます。カメラマークの方向かつ斜め上から、が基本的にベストな状態!なのですが、これまた良い位置を探し当てたり、本当に平面なのか確かめたくなって、首や頭を上下させる、体ごと上下左右に動いておりました。はたから見たら変な人です、作品に向かって何度もお辞儀しているようにも見えたかもしれません(汗。

そして、ちょっとだけ残念だったことーー展示場所によっては光の加減がいまいちで、立体さが薄れてしまっている作品も……。立てかけたスケッチとその下に敷いてあるスケッチの光の当たり具合に差がある?せいなのか色味が大きく違って立体的に見える部分の「継ぎ目」が際立って見えてしまうのが原因かなあと思いました。そう思うと繊細な作品なのだなあとーー見学に行く人は、絶対に作品に触っちゃダメですよ!!

 

実際に見た視界、スマホを通してみた視界、そして錯覚して混乱していく頭……さらに首・頭・体を上下左右に動かして……若干酔いました(笑)でも面白かったし、凄すぎて言葉にならず、ため息ばかり出てしまいました。原画をあんなに間近に見られるなんて、本当に贅沢な鑑賞のひとときでした。

 

まとめ:岩手にありがとう!!!!

永井さんと3D作品、岩手に来てくれてありがとうございます!

……いや、どこ目線でお礼を言ってるのか?って自分でもツッコミいれたくなりますが(笑。

しかも文具店のボイスさん、20周年記念ということもあってなのか、展示会の入場は無料!!チケット代わりに絵本を購入!の感動でした。

今月18日までなので、ぜひ北上市のボイスに立ち寄ってみてくださいね。

それでは!

 

永井さんの作品集・絵本はこちら!

 

 

 

関連記事:

岡靖知の絵画はいくらで購入できる?個展作品とプロフィール紹介

マツコの知らない世界おすすめ鉛筆は?小日向京オススメと個人的紹介も

白いタヌキの名前は?大内山動物園の料金と駐車場は?

 - 面白ネタ・雑学系, 岩手ネタ