面白ネタ・雑学系

テレビの右上角に映っているマークは何?名前・名称や理由について

テレビの右上や角などに映っている、テレビ局のマークについての記事です。

 

テレビの角にあるテレビ局のマークは何?

正式名称は「ウォーターマーク」

テレビの右上・右角にあるマークは「ウォーターマーク」といわれています。

ウォーターマークとは「透かし」のこと。

たとえば紙幣の透かしもウォーターマークの一種です。

ウォーターマークには

  • 可視的なもの(人間の目でも見えるもの)
  • 不可視的なもの(見えないもの)

の2種類があります。

たとえば紙幣の透かしは可視的なウォーターマークです。

テレビの角にあるあのマークは「電子透かし」の意味があります。

 

テレビの角にあるテレビ局のマークがある理由・意味は?

コピー利用防止のため(コンテンツ保護)

ウォーターマークには前述のとおり、電子透かしという意味でも使われていて、コピーを制御するコンテンツ保護技術全般のことを指したりします。

つまり、テレビ局として、テレビ番組のコピー(録画)を乱用したりさせないために、あの透かしマークをいれています。

当初は視聴者からクレームもあった?

ウォーターマークは番組を視聴するための妨げにならないよう、半透明にして右上の角に配置されています。

しかし初期のころはこの「半透明」がいまいちで、ロゴが濃くて気になる!テレビを観るのに邪魔!というようなクレームもテレビ局に寄せられたりしたそうです。

透明度を上げて、より「透かし」のように加工され直して、数日で現在のように薄く気にならない程度になった…というようなエピソードもあるようですよ!

 

テレビ局ごとにウォーターマークに個性がある

ほとんどのテレビ局(全国・地方に限らず)はシンプルな文字・ロゴマークなのですが、局によってはキャラクターを採用していたりもするようです。

 

まとめ:テレビ画面右上のマークは現代ならでは!

テレビ画面の角にあるマークも、デジタル地上波になってから。

ウォーターマークは現代ならではの象徴ともいえますよね。

 

それでは!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。