大流行ゴドマチのルール攻略法!基本の遊び方と実際の様子や詳細は?

      2018/05/08

この記事は約5分で読めます。

SponsorLink

テトリスとぷよぷよならテトリス派!三神かな子です。どちらも好きなんですけど、テトリスで得られる「隙間を作らずに埋めていく快感」がたまらないんですよねー。

 

今回は、パズル好きの間からジワジワブームになっている対戦型パズル「ゴドマチ」について。基本的なルールとゲームの流れ、実際の様子について調べてみました!

SponsorLink

「ゴドマチ」とは?

名称:ゴドマチ

ジャンル:ターン制の対戦パズルゲーム

ゲームの基本内容:与えられた2つの図形を交互に削り残りを合同にできた人の勝ち

プレイ人数:2人(原則)

用意するもの:方眼紙とペン

(色ペン、下敷き、タイマー等があると便利かつ盛り上がる)

 

ゴドマチとは新しい対戦型パズルゲームで、考案したのはパズル懇話会幹事の三好潤一さん。

逆陣取り合戦みたいなゲームになっています。

名前は「合同を待ちながら」の略称。ベケットの戯曲『ゴドーを待ちながら』が由来とのこと。

 

 

ゴドマチの基本ルールとゲームの流れ

基本となる「合同」とは

このゲームを司るのは「合同」です。

出典:幾何学模様のブログ みずすましの図工ノート

「合同」というのは「同じ形で同じ大きさ」のこと。要は重ねてぴったり同じ図形なら「合同」です。

 

主なゲームの流れ

  1. お互いに決めた数字のマス目分の図形を描く(相手に見せない!)
  2. じゃんけん等で先攻・後攻を決める
  3. 描いた図形を見せ合って確認(マス目の数は同じ?ルールに則ってる?全く同じ図形描いてない?)をチェックしたら開始
  4. 与えられた2つの図形を、先攻・後攻で交互に削っていく。ただし、削り方は「合同」でなければダメ!
  5. 削られていく2つ図形の形が「合同」になったら勝利!ゲーム終了!

 

基本となるルール〜一番最初に描く図形

出典:幾何学模様のブログ みずすましの図工ノート

 

必ず同じ単位数(マス目)で描きましょう!

ゲームで一番最初にこれを決めます。これをこのゲームの専門用語で「n単位マッチ」と呼びます。

ひとつながりにすること。斜めや飛び石での配置はダメ
穴あきは可。

イメージ的には図形を部屋と見立てて、小人さんをその中に入れたら全部の床を踏んであるける状態です。

 

基本となるルール〜削り方も「合同」で!

出典:幾何学模様のブログ みずすましの図工ノート

 

削って取り除く部分も「合同」にしてください!ちなみに「合同」であれば削るマス目の制限はないです。でも削りすぎると相手に有利になるかも???このあたりも駆け引きが楽しい一因かもしれませんね!

 

さらに楽しむ工夫・色ペンとタイマー

出典:幾何学模様のブログ みずすましの図工ノート

削る図形には棋譜ーー数字をつけて、どういった順番で決着したのか、終わった後に振り返るとより楽しいです。

そして、棋譜を分かりやすく付けるために、赤・青のペンなど色付きペンを用いると良いですね!

 

さらに制限時間を設けて削るっていくと緊迫感が増してよりゲーム性が出て盛り上がります。「次のターンには1分以内にいかなければいけない」とか、将棋や囲碁のように「考える持ち時間:3分」なんていうのが良いですよ。

 

実際の対戦はこんな感じ



対戦風景が動画で公開されています。これを一回みただけでルールはもう大丈夫!

こちらは「ゴドマチ・ハーフ」。すでにルールアレンジをして楽しんでいるようです!

ハーフ=図形に角度が付くとさらに難易度アップ!?一番初めに描く図形の計算にも頭を使いそうです(汗)

もちろん、削り方にも(汗汗汗

 

 

ルールのおさらいと普及宣伝用リーフレット

出典:幾何学模様のブログ みずすましの図工ノート

宣伝用にとリーフレットも作成されました!

印刷、配布は自由なので是非学校や職場で遊んでみてください。

 

まとめ:今年流行の兆し!?対戦型アプリも出るかも。



いかがでしたでしょうか?

ルールを覚えるのは簡単ですが、そこからの頭脳戦バトルが熱いパズルゲームです。

今年特に学校で大流行しそうですね!だって紙とペンさえあれば遊べるゲームだから先生にも叱られなさそうなのが良いです。

それでは!

 

関連記事

コインタワーをつくるコツは?初心者でもできる硬貨の立て方積み方は?

平昌オリンピック猫が大活躍!猫カーリングやスケートツイッター画像

小さいのび太くんシリーズがカワイイ!画像の子どものび太コーデ衣装の購入は?

 - 面白ネタ・雑学系, 全記事