生活・本・アート

PS5初期型の不具合は?初期ロット・初期不良とプレステ事情まとめ

2020年11月12日に新発売となるPlayStation5(プレイステーション5)。プレステといえば新機種が出て話題となるのが初期ロット・初期型における初期不良です。

毎回、プレステの初期ロットには、初期不良の話題が持ち切りといっても過言ではありません。

そこで、ゲーム大好き、プレステも初代からプレイしているくらい、プレステを愛でているゲーム好きの筆者がプレステ5の初期不良から、歴代プレステで初期ロットでの初期不良騒動についてまとめました。

PS5初期ロット(初期型)不具合はある?

PS5初期ロットは貴重品

2020年9月17日、公式に発売日が発表されてから、予約が開始されましたが、あっという間に予約終了・完売状態に…!

発売前からPS5は品薄状態です。

初期ロットは貴重品扱いになりそうです…!

 

PS5初期型・初期ロットが不良品ではないかという心配の声も

もはやプレステの名物となっている「初期型の不具合」初期ロットの話題…

達観して「廉価版を出す前の意見・声を集めるために…」とプレステ名物・初期不良をみている人もちらほらといます…

初期型・発売当日に買うのをためらう人が多いのもわかります…

PS5初期不良はある?初期型の不具合について

過去のプレステをみると、初期型の不具合・初期不良は主にハードウェア面が原因です。

PS4でも話題になった

フリーズする

という現象が、処理能力アップしたPS5でも起こり得る可能性もあります。

PS5初期不良の割合(故障率)は?

過去の事例からみて、1%以内に収まるのではと考えられます。

 

PS4の故障率は1%、初期不良は0.4%などといわれています。

PS4初期不良として、ディスクドライブに関するものがありました。今回のPS5ではディスクドライブなしの「デジタルエディション」がある=部品が少ないので故障も少なるなるのでは…とも考えられます。


PS4初期不良は1000台に4台なんだ…少ない…いうこの数字をどうみるか…といったところです。

 

PS5~PS1の初期ロット初期不良とプレステ事情

PS4初期型の不具合・初期不良

PS4は特に海外で初期不良の報告が相次ぎました。

北米で先行してPS4が発売されたのですが、起動後に1時間もしないうちにフリーズが発生。電源すら入らないという購入者もあったといわれています。

日本での発売が延期されたのは海外での不具合で問題が明らかになったからとも考えられています。

しかし日本でのPS4初期不良として、ディスクが飛び出る等の問題があったようです。

PS3の初期ロット初期不良

PS3では、互換性があるといわれていたPS2のソフトの一部に不具合が起きました。

これまではハードウェア面での初期不良だったのに、まさかの互換性の不具合はまさに驚きでした。PS3はPS2との互換性がウリだっただけに

PSPの初期ロット初期不良

PSPでの初期ロット品では「□ボタンが元に戻らなくなった」という初期不良が起きました!

物理ボタンの初期不良…当時は「え?ウソ!?」とビックリしました…!

PS2初期ロット・初期不良

PS2の初期不良は、DVDプレイヤーに関するものでした。

リージョンコードを無視してビデオ再生できるというもので、正直この「初期不良」はゲームプレイをする側としてはそこまでの問題ではなかったのですが…

実は別のところの方が問題でした。

同梱のPS2用メモリーカードのデータが壊れる不具合がありました…!

しかしこれは初期ロットでの初期不良という扱いではなく、メモリーカードの不具合として取り扱われました。実際にメモリーカードのリセット回路に問題があったようなのでいいのですが…

 

今回はあくまで初期ロットでの不具合の話ですが、型番が変わった後にはPS用ソフトのメモリーカードが壊れる不具合が発生しており、この時には本体側の不具合として話題となりました…

 

PS1初期型の不具合・初期不良

PS1の初期型での大問題は「熱暴走」でした。

当時は機体を冷やすファンが内蔵されていなかったため、熱によるフリーズが多発。

少しでも本体を冷やすために、平置きだったものを縦置きにする猛者があらわれたほど。

後のPS本体が縦置きできるようになった一因でもありました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。