面白ネタ・雑学系

靴のスパッツ買える場所や通販サイト・お店はどこ?靴カバーの正式名称についても

Twitterで話題となっている「靴のスパッツ」。カッコいいファッションアイテムですが、どこのお店で買えるのか?通販サイトやショップのほかに「靴のスパッツ」の正式名称についてなどをまとめました。

Twitterで話題「靴のスパッツ」について

Twitterで注目を浴びた「靴のスパッツ」のツイートがこちら。

ツイートされた方が「靴のスパッツ」を見つけて大興奮している様子がうかがえます…!

実物は観たことないけれども

「アニメのキャラクターでこういうの見た!」

「洋画の探偵や貴族が、こういった『靴のスパッツ』を着用してたの覚えてる!」

「シャーロックホームズの足元って『靴のスパッツ』だったよね?」

といった思いの人も多かったのではないでしょうか?

 

これは…ちょっと‥いえ…かなり欲しくなるアイテムですよね!

 

実際に紹介されていたものと同じ『靴のスパッツ』が購入できるのか?

また『靴のスパッツ』と言っていますが、正式名称は一体何なのか???

をまとめていきます。

「靴のスパッツ」の正式名称は?アイテム基本情報

正式名称は『スパッツ』

「靴のスパッツ」として紹介されていたアイテムの正式名称は、そのままズバリ

『スパッツ』

という名前です。スパッツが正式名称。

『スパッツ』の意味

日本で浸透している『スパッツ』は和製英語です。

スパッツ=伸縮性のあるアウターウエアまたはボトムスの一種

ですが、本来のスパッツ(spats)の意味は

靴を土埃や泥水の跳ねから守るために靴の上に装着する脚絆(きゃはん、ゲートルとも呼ばれる)のこと

でした。

日本に流通する際に、誤って違うものを指す言葉として導入・浸透してしまい今に至ります。

なので本来は「スパッツ」=靴カバー

なんですが・・・

わざわざ靴のスパッツと言わないと「スパッツ?ぴっちりズボンのこと?」となってます。

 

「靴のスパッツ」購入できるサイトは?通販は?

楽天市場

紳士用 メンズ 紳士 白スパッツ Spats

Shoe シューズ 靴 ドレスシューズ Gangster Spats

 

日本での「靴のスパッツ」はメジャーではないためか、楽天市場では白ベースの物が中心に売られている程度。

 

Amazon

↑こちら、実は溶接用の靴のスパッツ・靴カバーです。

欧米紳士というよりは、ロックテイストが強いですが、これはこれでカッコいいですね…!!

「靴のスパッツ」購入できるサイトは?買えるお店についても

伊勢丹

過去には伊勢丹での企画展・企画販売の際に「紳士靴の博覧会」というのが行われた際に、スパッツも展示販売されていたようです。

https://monomax.jp/archives/12130/

 

紳士服専門店

靴のスパッツは「正装」に欠かせないアイテムでもあるため、オーダーメイドスーツのお店やこだわりの高い・質の良い紳士服(スーツ)専門店で取り揃えてあることも。

過去にこちらのお店で紳士服の正装としてスパッツが紹介されています。

http://dittos.seesaa.net/article/379969123.html

http://dittos.jp/about/

英国紳士靴店

英国紳士用のアイテムが売られている専門店で売られている可能性は高いです。

地方での取り扱い店があったらとても貴重なお店です…!

 

靴のスパッツ基本情報

靴のスパッツについて

スパッツが世の中に生まれたのは1800年ごろ。

スパッツの普及は19世紀~20世紀ごろに冬の足元の防寒具として、正装(フォーマルウェア)にも着用・愛用されていた紳士用アイテムでした。

有名なところでは、いわずと知れた名探偵のシャーロックホームズ、アメリカの俳優・フレッドアステアが愛用していた紳士用アクセサリーです。

シャーロキアンや英国紳士好き、コンサバ系を愛する真摯にとっては、定番かつクラシックアイテムとして必需品・必須アイテムとなっているとのこと…!

 

なぜ日本では靴のスパッツが知られていないのか?

もともと靴のスパッツは

靴文化において「足元の泥除け」のためにつくられたものです。

道路状況・路面状態の悪い市街地を歩く

軍隊で悪路を歩む際に汚れを防ぐとともに保温をする

といった「道具」として使われていました。

日本の西洋の靴文化が取り入れられたのは遅かったのと、靴の文化が流通するとともに道路の状態もかなり改善されていたので、こうした「泥除け兼オシャレなアイテム」は普及しづらかったとも言えます。

まとめ:靴のスパッツは「そのまま」の正式名称だった…

スパッツときくと「伸縮素材のボトムス」といったイメージが強い日本なので、なおのおと靴のスパッツにピンとこない方・知らなかったという人も多かったかと思います。

これから洋画やアニメで「英国」「スーツ」「時代背景」などによっては足元が気になってきそうですね…それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。