歌詞の意味・考察・世界観

夢の島思念公園の元ネタは?妄想代理人オープニング曲について

アニメ「妄想代理人」でインパクトあるオープニン曲「夢の島思念公園」の元ネタになったといわれている曲についてまとめました。

夢の島思念公園の元ネタは?

「地球ネコ」はいだしょうこ&今井ゆうぞう

NHK教育テレビの番組『おかあさんといっしょ』で発表された曲です。

発表されたのは2003年10月ごろ。

ちょうどはいだしょうこうさんが「うたのおねえさん」を務めていたころのこと。

「曲と映像のせいで子供が泣き出した」とNHKが保護者から抗議を受けたというエピソードがあるくらい、インパクトある曲だったようです。

夢の島思念公園と同じく平沢進の楽曲です。

妄想代理人の今敏がリクエストして誕生した「夢の島思念公園」

「地球ネコ」を聴いた今敏さんが、平沢進さんに「わざと似せるように」と注文して出来上がった曲が「夢の島思念公園」といわれています。

 

「地球ネコ」平沢進バージョン

 

地球ネコのCDは販売している?

おかあさんといっしょ「このゆびとまれ」に収録

はいだしょうこさんバージョンは「このゆびとまれ」というCDに収録されているようです。

 

地球ネコ歌詞の世界観について

大きな存在(地球ネコ)が見えない災いの予兆を教えてくれる歌

どうやらママには見えていない大きなネコが、ぼくに対して

  • とおい海の波のこと
  • 火山、竜巻、雨水とともに人がいること
  • とおい国で泣いている誰か(何か)のこと

を教えてくれるのですが、その地球ネコすらいなくなってしまったようです。

ぼくは探しに行こうとしているところで歌が終わりますが、これらのことから

いつか忍び寄るかもしれない「災害」「滅亡」を指しているように思えます。

 

まとめ:地球ネコも考えすぎると不思議で怖い歌…

夢の島思念公園と同様、地球ネコも同じテーマにした歌です。

妄想代理人の今敏さんが直接「似せてくれ」と頼んで出来上がっただけに、夢の島思念公園は地球ネコの大人バージョンとも言えますよね!

 

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。