色々な話題をはさみます。

大相撲の土俵に女性が上がれない理由はなぜ?賛成反対意見と疑問点

2018/04/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SponsorLink

土俵の上は女人禁制にどう思うのか?今回は人命よりも伝統を優先させた協会および各界に非難集中していますが、結局のところどうなのでしょうか?勝手に考察してみました。

 

大相撲巡業中に倒れた舞鶴市長へ救命の女性に協会が「土俵下りて」

SponsorLink

どうも、男尊女卑が「ダイソン女子」に聞こえる三神かな子です。……なんだろ、耳が遠いのかもしれません(汗。

 

今回、物議を醸し出した出来事について。

大相撲巡業中に倒れた舞鶴市長 救命の女性に協会が「土俵下りて」

 

4日午後2時過ぎ、舞鶴市の体育館で行われた大相撲・春巡業の土俵上で、あいさつに立った多々見良三市長(67)が途中で意識を失い、倒れました。実行委員会によりますと、看護資格を持っていたとみられる女性2人が土俵に上がり、救命措置をしていたところ、日本相撲協会の関係者から「女性の方は土俵から下りてください」とのアナウンスが2回ほど流れたということです。アナウンスの内容は、相撲協会独自の判断だったといいます。

引用:ヤフーニュース(ABCテレビ)

他のメディア等、さまざまに取り上げられた出来事で、上記のことに補足するようにまとめるとこんな感じ。

 

  • 救命措置をした女性は看護師で「医師はいませんか」の呼びかけに咄嗟にかけつけた
  • 女性は「土俵に上がっていいですか?」と土俵の上にいた男性たち(協会関係者)に許可を得て上がっていた
  • アナウンスしたのは若い行司。自分の意志や伝統どうこうよりも、観客からの「女性を土俵に上げていいのか」の声に促されて咄嗟にアナウンスしてしまった
  • アナウンスされた際、救命措置に動いていた女性たちも戸惑う
    「人命救助しているのに……」とつぶやいた。
  • 土俵上にいた男性(協会側の人間?)たちも女性に降りるように促す
  • 女性たちが降りた後の土俵上はオロオロしていたように見えた
  • その後に土俵に大量の塩が撒かれる
  • 多量の塩は女人禁制(女性が不浄だから清めるため?)「女性軽視」と批判されるものの、協会側は「アクシデントがあったときに連鎖を防ぐために塩をまいている」と釈明
  • 舞鶴市および市長は、救命措置をしてくれた女性に感謝している
  • 八角理事長はお詫びのコメントをFAXでマスコミ各社に送信。女性たちにも謝罪の意向を示している
  • 救命措置をした女性は感謝状等を辞退。「当たり前のことをしただけ」とそっとしておいてほしい
  • ネットでは批判の声多数「人命優先だろうか!」
  • やくみつる氏「撤廃しちまえ」等、著名人は「廃止」の声を上げる
  • 世界中でこの出来事は波紋を呼ぶ
  • 坂上忍「(人命優先と)会場のお客さんたちは感情で動いていた」と協会側は人命のために動けていなかったことを批判

 

……と、まあこんな感じなのだけど。

新たに分かったことは追記していますのでご容赦を。

 

 

角界の女人禁制はなぜなのか?

相撲に限らず、女人禁制は「女性が不浄だから」=「女性軽視、差別」というふうになっていますが、相撲の女人禁制の根源は違うようです。

相撲はもともと農村で豊作を祝う儀式でした。で、豊作の神様は女性で、その女性の神様を楽しませるために力自慢の若い男たちが競うあう出し物になったわけ。土俵が女性の立ち入りを禁じているのは、神様がやきもちを焼くからだそうです。だから、土俵の女人禁制は女性差別に由来するものではありません。

引用:Yahoo知恵袋「なぜ、相撲の土俵は女人禁制なのですか? 」

神様が女性でやきもちを焼くからーーというのは、海の神様でもいわれていたりします。

乱暴に言ってしまうと、この「土俵の女人禁制」だけが悪い方向へ独り歩きして慣習から伝統へとなっていったようです。

 

女人禁制が歪んだ原因は江戸時代の「女相撲」のせい?

江戸時代には「女相撲」もあって、女性も土俵の上に上がっていたそうです。

しかし、段々服装がハレンチになり……男性同様にふんどし一丁で執り行われるなどしたため、男女とも興行差し止めに。男の相撲は再開になりましたが、女相撲は露出度が高くそのまま禁止され続けることになったらしいです。

 

……と考えると、要は…女性たちのあられもない姿が見れる相撲ってことで男性が群がる→風紀が乱れるってことが原因→あられもない女性が悪い!って流れで土俵の上に女性禁止=女性軽視につながったとも見て取れます。

エロ目的で群がる男性もどうなのよ!?って思いますが……こういう時、両成敗じゃないのね……(汗。

当時の女性たちは生活のため、そして神聖な気持ちで、本気で取り組みをしていた……けれども観客の男性はエロい目で見ている人も多かった……それをしないと巡業で客寄せができなかった……なんてことをNHKの番組「タイムスクープハンター」で取り上げていた記憶があります。

 

 

女人禁制の賛否!賛成と反対、ネットの声

賛成の意見

今回、緊急時で救命活動に当たった女性を批難する声はほとんど見当たりませんでした。

伝統しきたりを守ることに重きを置いた意見が多かったです。

 

反対の意見


ネットの声は意外と冷静で、本気で女人禁制を廃止すべきと声高に叫んでいる人はごくごく一部。

多数は「緊急時に女性が上がってしまった事」対しての相撲協会側の批判。

私のリサーチが甘いせいでしょうか???

 

神様的な視点では?

これは……言い難しですね。

相撲関係者以外は、万が一があって命を落としても良い!と心して土俵に上がるべきかもしれません。男性だとしても。


神様の定義そのものも疑問に思ってしまいます。確かに神様が女性=嫉妬深いって……orzいやいや、男性だって嫉妬深い人はいるものでしてーと話がずれちゃいますね(汗

 


生理中は神社への参拝は控えたほうがーーといういわれを聞いたことがあります。神様的に死や血は穢れとされるので、こういう話が認知されれば女性軽視の誤解?も和らぐかもしれません。

 

相撲と大相撲は、違う?


マスコミでは「伝統」と「スポーツ」という表現がなされていましたが、「相撲」と「大相撲」という区別の仕方も。

今回の地方巡業は「相撲」だから許されるのでしょうか?

 

もっと根深い女人禁制の場所がある?


さまざまな「女人禁制」について考えさせられますね。

今回の件で相撲に限らす、さまざまな場所まで「女人禁制」について意見が波及しています。とくに皇室系への言及をしている人たちが目立ちました。

 

 

土俵の女人禁制に賛成してもいいけどさ……

SponsorLink

ここから先は、誤解されるのを覚悟!思ったことを書いていきます。

 

会場にいた人全員は緊急事態に本当に混乱したのだと思います。

その混乱の最中、人命優先で咄嗟に動いた女性たちはさすがと思う。

咄嗟の判断で伝統を口走ってしまった観客や行司も混乱してたから……

とはいえ、とっさの判断を間違えたというよりは、とっさのことで本心(命より伝統?女性軽視?)が出たのだなと思ってしまう。

ぶっちゃけ、そういうことが頭をかすめても仕方がないとは思うよ……それを声にするかしないかは……やっぱりその人の性根というか、人間性だよなあ……。

 

批難批判、撤廃の声が高まるのも当然と思います。

 

 

さらに、ここからは超持論を展開していくので、興味ある人だけ目を通してくださいね。

自分勝手に熱くなってタメ語になるのと、男尊女卑には反対だけれども、誤解されかねない表現をしてしまってムナクソ悪くなる人もいるかもしれないから……と早速言葉汚くなりつつあるけれども。

 

 

土俵の女人禁制、賛成してもいいよ。

 

ただし、条件付きでな!!!!(怒)

 

伝統を守る=昔のままを貫き通す、変化しない、ただそれだけでいいの?

まあ、そういった「男の世界」とか「伝統」とかあってもいいと思う。神秘性や崇高性を感じさせる伝統があったって、いいとは思う。

 

けれどもだ。

 

それに見合った中身や根拠が詰まってないとダメだよね。

だって、そうでしょう?

本気で女人禁制を厳守したいほど、伝統が大事だったらさ………

 

不測の事態を想定して、男性の医師や救急隊員を常時配置してなきゃ、おかしくない?

 

要は、時代に応じた危機管理能力(伝統を本気で守り抜く力)を持てよ!と思う。

賛成する条件に、これは絶対必要不可欠だ!

だってさ、このご時世男女関係なく社会進出して医師でも救急隊員でも何にでも務められる時代なんだからさ。

 

万が一土俵上で人命にかかわるような緊急事態が生じた時に、女性の医師や救急隊員を上がらせないように徹底して、男性のみの完璧な医療スタッフを常時配置するくらいしたら?と思う。それが地方巡業だったとしてもさ。

ましてや大相撲は格闘技なんじゃないの?

裸一貫で力がぶつかり合う死闘にもなりかねないんじゃないの?

女性の医師や救急隊員が駆けつけてもおかしくないよね?

もしかして協会側は常に男性だけの医療スタッフ体制を取っていたのかもしれない……素人の私が相撲界の事情なんて分からないからさ。でも、万一体制を取っていたとしても、今回機能しなかったってことだよね。

……っていちおう協会側を慮ってみたものの、ワイドショーでは緊急措置が全然確立されてなかったって情報を流していたよ。マジカヨ!!

てことはさ、そこまで頭をフル回転させたり手間や労力をかけてまで守ろうとしてないよね?

つまり、

 

大した伝統じゃ、ないんだよ。女人禁制なんてさ。

 

そこまで本気で守ろうと思っている慣習・伝統じゃないでしょ。

形骸化された、ただのお飾り。

神聖な場所?なら全力で守りなよ!って思う。

全力で守ってないから、今回の騒動になったんだよ。

相撲協会が全力で守っていない感じが出てしまったから、大した伝統と感じられなくなってしまったんだよね……。

 

SponsorLink

 

女性軽視しないと神聖な場所が保てない?なんじゃそりゃ!

ちょっと話の論点はずれるのだけれども、サッカーの起源は元々はボールではなく生首を蹴っていたところから……なんて話もある。

これがずっと生首を蹴っていたなら、サッカーはここまでメジャーなスポーツにならなかったと思うんだよね。

 

うまい例え話が浮かばなかったから論点ズレした例えを引き合いに出しちゃったけれども、女人禁制の起源は神様由来だったのが、女性軽視と思われかねない方向にズレた。

だからさ……

 

「男性同士の戦いの場に女性がいたら、魅了されたり気が散って男は全力で戦えないんです。男は誘惑に弱いから、女性がいるだけで戦いに一点集中できない。男性の煩悩を取り除いた極限の状態で神聖な気持ちで戦いたいから、だから女人禁制なんです」

 

っていうふうにさ、行為(土俵に女性は上げない)は変えず、価値観変えて(昔はそうだったかもしれないけど、現在は女性軽視と思われない理由に転じる)女人禁制でいいんじゃないの?

 

でも……そういうのが嫌なんだろうなあ。

男性を上げて、女性を下げてじゃないと、神聖性って保てないほど、男性って弱いの?女性って強いの?

 

「女子がいると集中できないくらい、男子って精神弱いんだよね」って理由だったら……ある程度理解、納得できたりしませんかね……。

そういうふうに、女人禁制の理由だけが形を変えて、世間一般的に受け入れられる内容に変わっても良かったと思うんだよね。

でも、そうはならなかった。

「男が集中できないのは女子のせい」っていう、男性からの上から目線、女のせいにしてる雰囲気で女人禁制がなされたイメージなんだよね……私の勝手な被害妄想かもだけど。

 

追記:

これについてネットでものすごく上手な例えを出している人が居たので紹介。

伝統を守る=時代に応じた守り方・対策をすること

よく、創業50年以上続く老舗の食べ物屋さんが「先代からの味を守り抜いています」とかあったりするじゃないですか。

でもそれは、初代と全く同じようにかまどに薪をくべて、当時と全く同じ釜と調理器具を使って……という店もあるかもしれないけれども、施設や機材も材料も当時と寸分違わず同じものでなくても、製法は同じままで伝統の味を守っているお店は数多くあると思うんですよ。

 

それと同じように、伝統を守ることは、全て昔から何もかもを変わらずにいることではなく、時代やニーズに応じた守り方をすることが大事だし、そうでなければ伝統を守ることは難しいのでは?と私は考えます。

 

確かに大昔、人命よりも神様が大事で人身供犠なんて時代もあっただろうけど……今はそうじゃないよね。

 

ネットはじめ非難の声が大きいのは「人命優先!」っていうのは当然。そして潜在的に土俵の女人禁制がいかに中身がないのかを感じているからってのもあると思います。

 

「伝統に配慮してくれ」と言う前に、配慮されるべき伝統に育てろっての。

さらに言わせてもらえればさ……。

過去にも女性が土俵に上がるかの是非(首長が表彰する等)があった中で

「伝統に配慮して(上がらないで下さい)」なんてやりとりもあったらしいんですが。

配慮したくなるような伝統になってないじゃん……そう思わせてくれるような相撲協会じゃない……人命優先できない伝統なんてさ。

人命も伝統も優先できる方法だって、模索しようと思えばできる。男性だけで万全の体制をなせば、女人禁制を保てるだろうし……。

 

あと……伝統とスポーツと神事をごっちゃにして、相撲協会側が都合いいように伝統振りかざしてるから嫌なんだよ。

 

白鵬「女性が土俵に上がることは違和感ない。ただ本場所は別」って発言もあるんだよね。これも後に物議をかもしだしそうだよね。

 

 

まとめ:だから批判されるし撤廃だって言われるんだよ。

思いのほかヒートアップしてしまいました、ひとりで。

なんだろう……食べ過ぎのせいだからかしら?女子ならではのヒステリーかしら?(汗

相撲界、色んな問題で注目が集まっていた最中の今回の出来事だったから、なおのこと世間的に色々思った人も多かったと思います。

 

私も思わず……orz

明日あたり、相撲ファンから張り手や押し出しをくらうかもしれない……orz

こうなったらバスソルトいっぱいお風呂に入れて使ってこようかなあ……汗かいて肌ツヤ良くなってやせたいのでね!

 

それでは!

今後も突拍子もなく超持論をブンブン振り回していくので、よろしくお願いします。

 

 

ブンブンハロー超持論!な記事

こけしブーム継続はなぜ?津軽こけし館のイベントやアクセス方法は?

クロちゃんの性格人格がヤバイ?暴言と炎上の謝罪是非と真相は?

ドリカム中村の謝罪はなぜ必要?広島公演中止ご挨拶の不満と真相は?

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. いの より:

    左翼ブサヨコメント乙でした

    • 三神かな子 より:

      >いの さん
      コメントありがとうございます。
      個人的に右翼と叩かれるんじゃないかと思ったので意外でした。
      ブサヨという単語を初めて知ったので勉強になりましたm(_ _)m

  2. いの より:

    返信ありがとうございまーす。

    そうなると 女子高に男子を入れろとか宝塚歌劇団に男子を入れないのは差別になるじゃん。

    トイレもなぜ 男女一緒じぁないのとかもねー

    これも神事とか宗教とかになるから。
    ちなみに漁師の船も女を乗せない風習もあります。船にも女の神さまが祀られいるので 弁天様かなぁ。

    この問題は イスラムの人に豚肉を食えって言ってるものだから(^^)

    • 三神かな子 より:

      >いの さん

      貴重なご意見どうもです。

      個人的に今回の問題ですが、「神事」と「スポーツ」それに「男女平等」や「男尊女卑」というような問題が絡み合っているのがややこしいと思っています。
      「神事」=「伝統」とは一概に言いづらいのと、相撲協会側で「神事」「スポーツ」を良いように使い分けている感がする点に関しても考えさせられてしまいます。
      いのさんの「女子高」「宝塚劇団」「トイレ」も神事、宗教となるという考え方、捉え方の根拠を知りたいので、良かったらコメント欄に書いていただけると勉強になります。
      あといのさんは、今回起きた救命措置のために女性が土俵に上がった件について、どうお考えなのかも書いていただけたらと思います。
      海の神様、山の神様も女性とのことで、漁やトンネル工事なども女性が避けられていたことありますね。

      「イスラムの人に豚肉を食え」というお話は、ちょっとお話がずれるのですが、イスラム教の方は守るために細心の注意を払って食事をされている行動に頭が下がります。
      このご時世、何に豚肉や豚エキス等が分からないことが多いので……絶対に口にしないよう日頃から細やかに注意する等の自己管理力と行動はすごいと思います。

  3. いの より:

    相撲さんは 神さまなのよ。横綱になると綱するよね。これって〆縄と同じなのね。相撲をとるってことは 五穀豊穣も兼ねてるから一色単にスポーツと見るのも違うと思う。
    スポーツと考えるなら 曲げもいらないし まわしや裸の必要もない。だったらプロレスでもいいと思う。

    • 三神かな子 より:

      > いの さま

      多忙な中ありがとうございます。
      「神事」としての観点、貴重に思います。
      混在して考える難しさを痛感しています。
      こちらこそ質問攻めのようで申し訳ありません!
      無理せずマイペースで当ブログおよびコメントに触れていただければと思います。

  4. いの より:

    ごめんね。今日は仕事中なので書き込みはぼちぼちとなるけど。

  5. 通りすがりの者 より:

    みかこ様初めまして。
    たまたま見たので、自分の考えを述べます。
    伝統は時代に応じて変えるべきとおっしゃってますが、それは違うと思います。
    変わらないからこそ価値があると思います。
    時代とともにコロコロ変わったら何の価値も無いでしょ?
    伝統とは今の価値基準では理解できないくだらないことを何百年と続けていくからこそ価値があるのです。その伝統の根拠も別にどうでもよい話しです。
    起源は諸説ありますが、この伝統は何百年続いています。というのはよくある話です。

    今回の騒動で思ったのは、やはり伝統を守るのは大変だと思いました。相撲協会が人が死のうとも伝統は守る!!とは言えませんでしたから。相撲協会がそう宣言し、実行してたら何十年後には女人禁制は相撲にとって大事な伝統なんだ。となってたと思うけど、人命第一です。と宣言したから所詮その程度なんだと思いました。古くからの教えを守るために命を落としたという話は世界中あちこちにあり、様々な伝統的行為にはつきものの話しです。

    伝統の価値とは、時代の変化による価値基準の変化に負けずに馬鹿げた行為を続けていくことです。

    • 三神かな子 より:

      > 通りすがりの者 さま

      コメントありがとうございます。
      通りすがりの者さまの考え、本当にその通りと思います。

      伝統を守ること、本当に大変だと思います。
      私も違った形ではありますが「所詮その程度なんだ」と感じました。

      私は伝統そのものではなく、「守り方、管理の仕方」だけは時代に応じて変えたほうが良いとは思います。
      言い方が悪くなりますが、女性がホイホイ土俵に上がっても良いような風潮のところを
      頑なに「登るな、伝統だから」だけの一辺倒な説明だけでは守りきれないと思います。
      今回のことであれば、いかなる時でも女性が土俵に上がらないよう
      地方巡業でも男性のみの医療チームを常に連携させておく等の管理ができなかったものかと思うのです。
      そういった予防線を張ることで、それくらい大事な伝統なんだ!と世に思わせていていれば……
      私は相撲協会が、人命も伝統もどちらも大事!と宣言して欲しかったです。

      通りすがりの者さまの言葉をお借りさせてもらえれば、
      時代の変化による価値基準の変化に負けずに馬鹿げた行為を続けていくために、
      これまた馬鹿げた労力や無駄と思える経費や人力を使ってでも守る能力を高めるしかないのでは……
      それができないなら、
      女人禁制を正当化するためには行為(女性は立ち入らない)は変えず理屈(男尊女卑ではない理論)を変えるしかないのかな???
      と考えてしまいました。

      ちなみにですが
      騒動の直後に土俵で挨拶できなくて悔しいという女性市長については「そりゃ違うだろ!お話にもならない」って思っています。

      • 通りすがりの者 より:

        返信ありがとうございます。
        時代の変化による価値基準の変化に負けずに馬鹿げた行為を続けていくために、
        これまた馬鹿げた労力や無駄と思える経費や人力を使ってでも守る。
        正にその通りだと思いますが、馬鹿げた労力や無駄と思える経費の中に、僕は人命や世間の批判も含まれても良いと考えてます。
        今回の騒動で言えば、少なくとも、女人禁制は人命よりも価値は落ちると相撲協会は宣言してしまいましたが、女人禁制は人命が失われても守る。そして、如何なる批判にも屈しない。と宣言することも出来たと思います。

        市長のコメントは同感です。偏見かもしれませんが、こういうのにこだわるのは女性が多い気がします。男性政治家が、男子禁制の場所で。というのを想像すると、意地でも男子禁制の場所に入らせろ。とは男性は言わない気がします。

        • 三神かな子 より:

          > 通りすがりの者 さま

          女性に多いような気がするのは、公となっている禁制の割合の差かもしれませんが、こだわる女性の声が大きい(権力等)のも多くみえてしまう要因かもしれませんね。
          今回の騒いだ女性市長の件では騒動への便乗感がしましたし、男女平等や女性軽視とは分けて考えた方が……と思ったりしました。

  6. つい熱くなる人 より:

    こんにちは。
    私も通りすがりです。

    私も、「相撲協会が全力で守っていない感じが出てしまったから、大した伝統と感じられな」いって思いました。

    伝統を守りたいなら、その努力をもっとしたら~と。

    今回の件を活かすなら、今後は協会が関わる巡業・イベントではすべて、土俵際に男性医師や男性看護師を配備すべきだろうと思います。

    よく騒がれる「総理・知事・市長が女性だったら」って問題は、そもそも男性・女性に関わらず、協会力士以外を土俵に上げないことにしてはどうかな(挨拶や表彰は土俵外でもできるんだから)。

    ちなみに…「今回の騒いだ女性市長の件では騒動への便乗感」を私も感じ、若干嫌悪感もあります。
    でも、テレビで元力士が「自分達の土俵を汚されたくないから女人禁制なんです!」と力説する割には、女性総理になったらどうするか問われ、「そうですねぇ、えへへへへ」と笑うだけなの見て、「何も考えてないのか~い」と脱力して…話題にしました。

    また、子どもの相撲大会で、地方で優勝しても女の子は国技館に行けないって話、だったら、国技館に行く予定の大会には、最初から女の子を募集しないよう地方に徹底指導しては?
    それができないなら、ちびっこ力士として認めて、黙って最後までやらせてあげたらいいと思う(地方優勝してから「無理」って言うのは、参加者への責任放棄じゃないのかなあ)。

    前例がないことならともかく、前例があることで何の配慮もせずに、事が起きてから「女人禁制!」って声高に叫ばれても、説得力がない。女性に失礼だとも思う。
    そういう配慮ができないなら、その程度の伝統なんだなぁ~と思う。

    • 三神かな子 より:

      >つい熱くなる人 さま

      コメントありがとうございます。
      後発でも良いから、すぐさま「今後は土俵際に男性医師や男性看護師を配備!」と宣言すれば、まだ守りたい!という気概もあるなと考えられたのですが……世論にビビって打ち出せなかったのか、労力・経費を惜しんでいるのか……その両方かもしれませんが。
      マスコミから伝えられる相撲関係者の話は、結構脱力してしまうコメントが多いですよね……。
      「男女どうこうではなく、穢れのない清い人だけが上がること」という旨の提案をされていた識者もいましたし、つい熱くなる人さまの考えのように、相撲関係者以外の方の土俵入りは遠慮してもらって良いのではと思います。

      子どもの相撲大会についても貴重な情報ありがとうございます。
      女の子に対しては、最初から募集しないか、もしくは主催者側で国技館に行けないことを大きく公言して「それでも出場したいなら」とするか……中途半端な線引きで女の子の心を傷つけるような状態をつくるのは良くないですよね。
      相撲協会側が、騒ぎが沈静化するまで女人禁制に対してうやむやにしていくのか、何かしらの線引や定義等を決断して一般に向けて提示してくるかが、今後の注目ポイントかなと思います。

      • つい熱くなる人 より:

        三神かな子 様

        返信ありがとうございます!
        返信で補足もしていただいたように思います。前回の私のコメントはあくまで「女人禁制を貫くなら」に片寄ってましたから、中和していただき、ありがたいです!

        私個人としては「女人禁制」に反対でも賛成でもなく、「協会が女人禁制を貫きたいというなら、やるべきこと(時代や理由、制度を見直したり、配慮したり)があるはず」という考えです。

        女人禁制と女性蔑視・軽視は必ずしもイコールではないと思うんです。女性への敬いをもった女人禁制の示し方もあると思うのだけど…今のところ一連の流れにそれを感じられないな~とf(^^;

        「相撲協会側が、騒ぎが沈静化するまで女人禁制に対してうやむやにしていくのか、何かしらの線引や定義等を決断して一般に向けて提示してくるかが、今後の注目ポイント」まさにそのように感じる今日この頃です…。
        女性が納得でき、どうせなら女性の側から守りたくなるような伝統を、築いて欲しいものです。

        意見を述べる機会をいただき、ありがとうございました!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© みかんと傘とコッペパン。 , 2018 All Rights Reserved.